» 印刷・製本コラム

印刷・製本コラム

くるみ製本が人気の理由はなに?製本方法によるレイアウトのポイントもチェック

紙の束

くるみ製本というのは、製本方法の中でも需要の高いものです。
では、どうしてくるみ製本は数ある製本方法の中でも人気があるのでしょうか。

くるみ製本ってそもそもどんな製本方法?


くるみ製本は、本文の背の部分を高温の接着剤を使用して綴じます。
そして表紙でくるくるとくるんで固定する製本方法です。
このくるむ行程から、くるみ製本と呼ばれています。

また、無線とじとも呼ばれるのですが、これは、ホチキス等を使用せずに綴じるためです。
文庫本をはじめ、雑誌、カタログなど様々な冊子に幅広く使用されています。
紙の端部分にしか接着剤が使用されていません。
そのため、強度が低いのではないかと思われるかもしれませんが、特殊な加工がなされているので大丈夫です。

これは、背面部分に切り込みを入れて溝を作ります。
この溝を入れる加工が施されているために、接着部分が広くなり、強度がアップします。
耐久性も高いので本が長持ちいますよ。

続きを読む>>

くるみ製本に役立つ専用の機械って?

くるみ製本機

行事用の小冊子、資料の作成において冊子を作成するというのは欠かせません。
そしてこのような資料を作成するのであれば、必ずしも専門業者に依頼をしなくても、自分で製本できる場合もあります。

そこで、使用されるのが簡易製本機になります。
一昔前は非常に高価な業務用のものばかりでした。
それならばより仕上がりもきれいで、コストを抑えられ、手間もかからない業者に依頼したほうが良い、という人が多かったそうです。

しかし、近年では卓上タイプなどの非常にサイズの小さなものも登場しており、手軽に手が出しやすくなっています。
ただし、くるみ製本、中綴じ、ホットメルトなど製本方式も色々なものがありますし、メーカーもまた様々です。
そのため、製本をしたことがない人にとっては選ぶのがなかなか難しい商品だといえます。

では、製本機の選び方というのはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

続きを読む>>

くるみ製本もどんな製本も基本的な工程は同じ?

無線綴じ機ss

本作りにおいて製本方法は様々あります。
しかし、基本的にデータの作り方や、製本までの工程というのは大体同じです。

印刷用データを作成すること


まずは印刷用のデータを作成します。
当然なことですが、印刷するためには元いなているデータが必要になります。
このデータを作るうえで重要になるのが、ページの配置です。
本のような大量印刷物というのは、1ページ、2ページずつ印刷をデータにして印刷するわけではありません。

ほとんどの場合には、大きな紙に復数のページ分をまとめます。
そしてそれを印刷しますので、できるかぎり無駄のないように配置する必要があります。
必要以上にページ間の隙間を開けてしまうと、一枚の紙の中に何ページもまとめるのですから、隙間をあけると入るページ数が少なくなってしまいます。

そのため、できるだけ紙のムダが出ないように配置してください。
本、紙のサイズにもよるのですが、大型本は片面8ページで、文庫本のような小さくなる本の場合には片面32ページというのが一般的です。

続きを読む>>

くるみ製本と他の製本にはどんな違いがあるの?

くるみ製本

くるみ製本というのは、無線とじとも呼ばれる製本方法です。
簡単にくるみ製本についてご紹介します。
くるみ製本というのは、冊子の背面部分を専用の強力な接着剤で閉じます。
そして表紙で本文に巻きつけることからくるみ製本とも呼ばれています。

このくるみ製本は、並製本、上製本、どちらにも使用されています。
とても使い勝手の良い製本方法といえます。

丁合いされている本文の背面を削ってってあえてザラザラの状態にしてから接着面を作るくるみ製本というものがあります。
また、切込みを入れて接着剤を浸透させるあじろ綴じとの2つの種類があります。


切断くるみ製本


くるみ製本というのは書籍をはじめ月刊誌のような出版物、カタログやマニュアルといったページ数の多い冊子類に多く使用されています。

続きを読む>>

くるみ製本は自分でもできるの?業者に依頼すべき?

開いた本

本を作りたいと思ったときには、やはりまずはできるだけコストをかけたくないと思うものです。
そしてコストをかけずに製本するにはどうすればよいのか、という問題にぶつかります。
コストを下げるために自分で作るのか、業者に依頼するのか、やはり気になると思います。
特に、くるみ製本のような特殊な製本方法というのは、自分でできるものなのかと疑問に思われると思いますので、自分でくるみ製本を行うメリット・デメリット、必要な道具などをご紹介していきます。

自力でくるみ製本をするメリットは?


自力でくるみ製本で冊子を作成するメリットは、やはり製本が完了するまでの締切を自由に設定できるということです。
そしてコストを抑えられることです。

また、パソコンなどを使用してデザインをするのが得意な人であれば、デザインを自分の好きなように、こだわりを持って作成したり、加工できます。
製本をして冊子を作りたいというだけでなく、冊子を作ることそのものを楽しみたいという方は、自分で時間をかけて、製本するのも良いかもしれません。

続きを読む>>

ガイドブックの作り方!満足してもらえるポイントは?

ガイドブック

ガイドブックといえば、観光地などにおいて発行されていることが多いです。
観光地ではガイドブックを片手に持って、旅行を楽しんでいる人がとても多いです。
有名観光地、とてもマニアックな観光地など様々ですが、ガイドブックを作るのであれば、どんなガイドブックにでも書かれているような有名所だけを記載しているものよりも、他のガイドブックにはない情報を紹介しているようなガイドブックのほうがやはり魅力的だと思います。

どこにでも記載されている情報しか載っていないようなガイドブックでは、読み手はあまり満足できないのです。
そこで、本当に読みてが満足してくれるガイドブックにするポイント、ガイドブックを作るうえでのポイントについてご紹介します。

知られていない情報を載せることの意味


ファイドブックにはその土地で有名はスポットをピンポイントで載せることが多いです。
しかし、広告宣伝を目的として掲載しているお店も少なくありません。
また、観光雑誌の場合には少しでも多くの人が興味を惹かれるような超定番!というスポットやお店ばかりを紹介していることが多いです。

だからこそ、あまり知られていない、穴場スポット、マニアックなスポットを紹介することによって万人受けはしないものの、手にとった人が満足できるガイドブックに仕上げることができます。

旅館のオーナーとしてガイドブックを制作するのであれば、あなたの旅館に来た人でなければ入手できない情報などをふんだんに盛り込んだガイドブックを作ってみてはどうでしょうか。

続きを読む>>

くるみ製本と無線とじは違いがあるの?どんな製本方法なの?

無線

くるみ製本というのは、無線綴じという製本方法と同じものです。
では、くるみ製本はどのような製本方法で、どのような特徴があるのかを詳しくご紹介します。

くるみ製本って?


くるみ製本は、本文の背面部分に特徴があります。
背面部分に合成のりを使用します。
そしてのりで綴じた部分を表紙で直接くるんでがっちりと固定する製本方法になります。

ホチキスや糸といったものを一切しようせずに綴る方法です。
つまり線を使用しないので、無線での製本なのです。
文庫本、雑誌において使用されている製本方法になります。

冊子の片面にしかのりが使用されていないので、読んでいる時にバラバラになってしまうのではないかと不安に思われるかもしれませんが、使用される合成のりというのは極めて強力なものであり、同時にのりがより多く用紙にふれるように用紙の表面積を増やす特殊な加工が施されています。
強度は一切問題がありませんし、むしろ高い強度を誇る製本方法です。

続きを読む>>

業務マニュアルを上手につくるポイントは?

マニュアル?

業務マニュアルというのは企業においては絶対に欠かすことができません。
しかし、業務マニュアルというからには、マニュアルとして使いやすいものでなければなりません。
そこで、使いやすい業務マニュアルの作り方についてご紹介していきます。

そもそも業務マニュアルの意義とは


業務マニュアルに記載すべき内容というのはいくつもあります。
業務の手順、そして内容といったものを共有するためであったり、誰もが同じように業務を行えるようにルールを明確にするためのものです。

そうすることで、業務がより効率化します。
接客業などにおいては、トラブルが起きた時にはどのように対処するのか、顧客からのクレームに対してどのように対応すれば良いのか、というノウハウを凝縮したものである必要があります。

業務マニュアルの作成は、業務そのものを効率化するうえでとても重要なのです。

続きを読む>>

ポートフォリオってなに?どう作れば良いの?

ポートフォリオ

ポートフォリオというのは自分のこれまでの履歴、能力といったものを周囲の人に伝えるために制作する作品集になります。
就職の面接、クライアントに対しての売り込みとして作成することが大半で、自分がどのような技術、能力を持っていて、何ができるのかをアピールするえでとても重要なツールです。

ただ、過去に自分が制作した作品などをただ並べるだけでは、ポートフォリオとしての役割を果たすことができません。
ポートフォリオは、あなたの作品をすべてまとめている器であると同時に、1つの完成した作品として自信を映し出す鏡でもあります。

ポートフォリオは1冊の本、映画と同じようなもので、読んでいる人をはじめから最後までエスコートしていかなければなりません。
つまり構成や規格がとても重要であるということです。


自分を効果的にアピールする


相手に自分を売り込むうえでとても効果的なポートフォリオですが、まさしく自分広告です。

続きを読む>>

スポーツ大会のパンフレットを自分で作ってみる

スタート


春、夏休み、秋などの時期には、地域の公園やスポーツセンターにおいて、スポーツ大会を規格している企業も多いですし、自治体で独自のイベントを開催することも少なくありません。
多くの参加者、来客者を集められれば、企業や自治体の名前を幅広くアピールできます。
地域を活性化することにも繋がります。

少しでも多くの方にスポーツ大会へ来てもらうためには、ポスター、チラシなどといったツールを活用し、宣伝するということがとても重要になります。
そこで、スポーツ大会において使用するポスター、デザインの制作方法についてご紹介します。

アイキャッチ効果のある写真を選んでみる


ポスターやチラシ、パンフレットを制作するときには、できるだけアイキャッチ効果が高い写真、イラストなどを選ぶようにしましょう。
このようなチラシデザインを決定するうえでなによりも重要になるのは、一瞬でインパクトを持ってもらえるかどうかです。

一瞬で印象付けられるものであれば、さらに内容を深く知ろうとして、書かれている細かい内容に目を向けてもらうことができます。
一瞬でインパクトを与えるためには、アイキャッチ効果ができるだけ高い写真、イラストを選択してください。

続きを読む>>
© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る