» 印刷・製本コラム

印刷・製本コラム

同人誌を作ってみたい!それなら無線綴じ?中綴じ?

マンガ

同人誌を初めて作ってみたい!
そう思ったときには、まず印刷会社が制作しているウェブサイトなどをチェックします。
そしてその多くが中綴じ、無線綴じといった製本方法を紹介しています。

ただ、この製本方法の違いがあまりわからない…
そのような方も多いと想います。
同人誌の制作においてよく使用される製本方法ですので、是非チェックしておくようにしてください。


中綴じ


中綴じというのは、用紙を2つ折にしている状態で、折り目になっている部分をホチキスで留めます。
そして綴る製本方法になります。
同人誌に限ったことではなく、薄い小冊子、カタログなどにおいてもよく使用されています。
中綴じは、ページ数の少ない冊子であっても、しっかりと綴ることができます。
最低で4ページから綴ることができます。
さらに、ホチキスで綴じますので、ページ数をギリギリまで開くことができるというのも、中綴じにおけるメリットの1つです。
見開きの冊子を制作する時にも適しています。 続きを読む>>

無線綴じでどんな冊子が作れるの?どんな用紙を使えば仕上がりが良くなる?

本

無線綴じというのは、本文の背面部分に加工がなされている製本方法です。
本文の背の部分に対して、高温の特殊のりで綴じていきます。
そして表紙でくるんでから固定するという製本方法になります。

このようにくるむため、くるみ製本と呼ばれることもあります。
無線というように、ホチキスなどを使用せずに綴る方法ですので、用途は非常に幅広く、文庫本をはじめ雑誌などにおいても使用されています。

紙の端にしか糊がついていないにもかかわらず、ページがバラバラになってしまうのではないかと思われるかもしれませんが、強度をアップさせるために背の部分に溝をつくります。
溝をつくることで、強度はしっかりと増しますし、耐久性があるので本がとても長持ちします。

この背に溝を入れる特殊な加工のことをガリと呼びます。
のこぎりなどによって背に対して垂直に切り込みを入れますので、平面よりものりが多く入ります。

また、ミーリングと呼ばれる印刷後に背の部分を切りそろえて、糊がまんべんなくつくようにする加工も行われます。
しっかりと糊をつけた本文に対して、表紙の紙を巻き付けていき、専用の器械を使用してずれないように押さえつけます。
そして糊が乾いて固定したら冊子が完成します。

とてもきれいに、そして尚且上部に仕上げられるというのが魅力的な綴じ方になります。

無線綴じにはどんなメリット・デメリットがあるの?


まず第一のメリットとしては、背表紙があるということです。
ホチキスを使用して行う綴じ方とは違い、背表紙があるのは大きな魅力だといえます。 続きを読む>>

無線綴じ製本で冊子を作る時にはどんなことに注意すれば良いの?

見開き

無線綴じ製本というのは加工をしていくうえで、センター部分までしっかりと開くことができません。
これは加工をしていくうえでの特性によるものですので、変えることはできません。

つまり、見開きに渡るようなデザインを使用する場合には、センター付近にある文字や写真といったものがどうしても見えにくくなります。
また、ページ数や本文に使用する用紙いよってセンター部分をどのように開くのかが変わってきます。

また、ページ数が少ないような場合には、背の部分に対して厚みが少ないですので、糊付けをする範囲そのものが少なくなります。
その結果、印刷物を強く開こうとすると、ページが外れてしまうことがあります。
ページ数がそもそも少ないのであれば、無理をして無線綴じ製本をするのではなく、中綴じなどを選択してみてはどうでしょうか。

無線綴じ製本を行う時に知っておきたい言葉


冊子を見開いた状態にした時、その両端のことを小口、そして中央の綴じた部分のことをノドといいます。
無線綴じ冊子というのは1枚の紙に対して2ページ分を印刷することになりますので、ページ数は2ページごとということになります。

中央部分のレイアウトにも注意すべきことがあります。
文字中心の冊子の場合には、ノド部分からある程度の余裕をもってレイアウトしてください。

PUR製本であれば、喉元までの開きがとても良くなるのですが、文章などに関してはノドから離すようにしてレイアウトをした方がバランスも良くなりますし、読みやすくなるのでとてもおすすめです。

読ませたい文字、イラストなどのレイアウトについては、できるだけ読みやすさのバランスを考慮したうえで、小口やノドの両方に20mm以上の余裕をもたせておくようにしてください。

ただし、冊子がどのような内容なのかにもよりますので、ノドの詰まりをしっかりと考慮して、出来上がった時のことを想定して作成するようにしましょう。 続きを読む>>

無線綴じって?無線綴じにはどのようなメリットがあるの?

置いた本

冊子を制作するうえで欠かすことができないことがあります。
冊子を作るうえで絶対に欠かせないのが、印刷をしたものを本の形に仕上げる作業です。
これはつまり製本です。

この製本という作業の中でも特に綴るという行程は冊子が完成した時にどのように見えるのか、どのような印象になるのかといったことにとても深く関係してきますので、作りたい冊子のイメージとしっかりと一致するようにベストな綴じ方を選択する必要があります。

無線綴じって?


無線綴じ冊子というのは、どのような製本方法になるのでしょうか。
無線綴じというのは、書籍をはじめ文庫本、カタログといったものに使用されることが多い綴じ方です。 続きを読む>>

厚みによって製本方法は変わる?選択のポイントはどんなところ?

ホント眼鏡

平綴じを含め、製本方法というのは、冊子にした時の厚みによって選ぶポイントが変わってきます。
平綴じ、無線綴じなど製本の形式というのは、それぞれの特徴があります。
その本の内容や、厚さなどを考慮したうえで、どの形式を採用するのかをある程度目安として決めることができます。

製本形式によって選択するポイント、そしてそれぞれの製本形式の特性についてご紹介していきます。
製本機の仕様というのは製本機のメーカー、そしてその製本機を仕様する印刷業者によって少しずつ違いがあります。

厚さが2mmから80个両豺腓砲和燭出回っている古い器械であれば使用できます。
それを超える性能を持っている器械というのは、製本所の特注仕様となっていることが多いです。

また60mmから65个鬚海┐訛厚本の場合には、前の行程の折、そして丁合いといった生産能力が必要になります。

角背本


角背というのは、背表紙が四角くなっているもので、この角背本をつくる時には、最大で50mmが限度になります。
表紙でくるむ時には、束が分厚くなるとどうしても本の両端が自重によって垂れ下がっていき、背が丸まってしまいます。

薄い紙ほど背が丸まってしまいやすくなりますので、本文がスムーズに表紙にはまり込まなくなってしまいます。
このような理由からも、40mmを超える分厚い角背の場合には、器械を使用せずに、手作業中心となります。
納期、コストといった面において大きな負荷が出るようになります。 続きを読む>>

平綴じと中綴じってどんな違いがあるの?結局どっちが良いの?

国語

平綴じというのは、無線とじと中綴じが合わさったような綴じ方です。
色々なものに使用されているのですが、中でも学校の教科書に使用されていることが多いのが、この平綴じになります。

一度教科書などを見てみるとわかりますが、教科書は背部分が糊付けされています。
そしてその少しだけ内側部分に針金のようなものが浮き出ている部分がありますよね。
これはつまり、背を接着剤で綴じるのは無線とじと同じですが、冊子を開いた状態になった時に、中央部分をホッチキスで綴る中綴じの要素もあります。

学校の教科書であったり、企画書、週刊誌のようなものにも、この平綴じはよく使用されているのです。
コンビニや書店で一度チェックしてみてはどうでしょうか。
平綴じの冊子というのは意外ととても多いですよ。

平綴じの綴じ方って?


平綴じは、具体的には、まず中綴じを作って、16ページ程度の紙の束を作ります。 続きを読む>>

平綴じなどの小冊子って?どうして人気があるの?

本いっぱい

平綴じをはじめ中綴じなど小冊子というのは、商品のサービスやその機能などを説明するうえで使用するパンフレット、そして飲食店におけるメニューなどに使用されることが多いです。
さらに詩集、俳句集、文集など様々な目的で使用されるのがこの平綴じなどの小冊子です。
営業先や販売先においてはもちろん、イベントなどでも小冊子を受け取ったことがある方もとても多いのではないでしょうか。

しかし、小冊子とはいっても表紙、綴じ方には色々な種類があります。
平綴じをはじめ小冊子印刷の種類、どのように活用するのかをご紹介していきます。


小冊子印刷ってなに?


そもそも、小冊子というのはどのようなものなのでしょうか。
ユネスコにおける国際的な基準では、小冊子というのは、5ページから48ページのボリュームで、定期的にではなく不定期に発行されている冊子のことを指します。
そこまで難しく考えるのではなく、複数枚の用紙を綴じて製本しているページ数の少ないもののことを小冊子と呼ぶことが多いです。 続きを読む>>

議案書はどうやって作成すれば良いの?平綴じで議案書は十分?

会議

一般的な法人の場合には、議案書はどう作れば良いのでしょうか。
この場合の議案書というのは、承認を得ることだけを目的としているのではありません。
提案する事そのものが最大の目的となっています。

実際にその提案がしっかりと受け入れられたのか、というのは検証、会議といった過程を重視しているのです。
良く似たビジネス文書としては企画書などがありますが、議案書、企画書ともに平綴じでの作成が手軽で便利とされています。

それでは、そもそも議案書というものがどのようなものなのか、議案書を制作するうえでの注意点などについてご紹介していきます。

議案書はどんな時に使用されるの?


議案書の用途ですが、いくつかの用途で使用されます。 続きを読む>>

平綴じが選ばれるのはどんな時?そもそも上製本と並製本ってなんなの?

まがじん

平綴じというのは並製本に分類されるものです。
この並製本というのは、製本方法で分類された時の大きなくくりの1つです。

製本方法には、上製本、並製本という2つの種類があるのです。
上製本というのは書店に並んでいる小説の単行本、絵本、などのように、ハードカバーで作られているものです。
厚紙を使用したとても固い表紙がついているので、とてもわかりやすいです。

厚紙は布や革によってくるまれており、その上からさらに紙カバーが使用されていることが大半です。
並製本に比べると、圧倒的に高級感のある仕様となっています。

もちろん、それだけコストも納期もかかってしまいます。
しかし、その分高級感がありますし、長期的に保管するうえで最適です。
自伝やアルバムといってなにかの記念のために作られる冊子において仕様される製本方法となります。

続きを読む>>

自宅やコンビニで作れる冊子って?平綴じの冊子を自分で作れるって本当?

コピー機

自宅、コンビニにおいて冊子を制作できるというのをご存知でしょうか。
最近では個人でつくった文章などをコピー機などで印刷し、勝負数を発行する出版物が増えてきています。

自分で作りたい、というという人が増えてきている理由は、やはり性能の良いプリンターや、コンビニでプリントをするのがとても簡単になっているからです。

冊子になるとデータを作成することはもちろんですが、製本をするという作業が必要不可欠です。
製本とはいってもいくつかの種類があるのですが、作り方のルールさえ覚えてしまえば誰でもとても簡単につくれるようになります。
平綴じなどで冊子を自分で作成するメリットについてご紹介します。

平綴じなどで製本を自分で行うメリット


なんといってもやはり自由度が高いのが魅力的です。
どのようなジャンルにおいても、このような冊子を制作するとなると、限られているデザインの中から選択しなければなりません。
しかし、自分で制作すると好みのデザインにすることができるので、自由度が高くなります。
コストを抑えることができます。
自宅で印刷をする時にかかる費用というのは、基本的に紙、インク代だけです。
少数だけ作りたい場合には印刷会社に依頼をするよりも安く抑えられます。
また、冊子を作ることそのものを楽しめます。

続きを読む>>
© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る