» 印刷・製本コラム

印刷・製本コラム

業務マニュアルを上手につくるポイントは?

マニュアル?

業務マニュアルというのは企業においては絶対に欠かすことができません。
しかし、業務マニュアルというからには、マニュアルとして使いやすいものでなければなりません。
そこで、使いやすい業務マニュアルの作り方についてご紹介していきます。

そもそも業務マニュアルの意義とは


業務マニュアルに記載すべき内容というのはいくつもあります。
業務の手順、そして内容といったものを共有するためであったり、誰もが同じように業務を行えるようにルールを明確にするためのものです。

そうすることで、業務がより効率化します。
接客業などにおいては、トラブルが起きた時にはどのように対処するのか、顧客からのクレームに対してどのように対応すれば良いのか、というノウハウを凝縮したものである必要があります。

業務マニュアルの作成は、業務そのものを効率化するうえでとても重要なのです。

続きを読む>>

ポートフォリオってなに?どう作れば良いの?

ポートフォリオ

ポートフォリオというのは自分のこれまでの履歴、能力といったものを周囲の人に伝えるために制作する作品集になります。
就職の面接、クライアントに対しての売り込みとして作成することが大半で、自分がどのような技術、能力を持っていて、何ができるのかをアピールするえでとても重要なツールです。

ただ、過去に自分が制作した作品などをただ並べるだけでは、ポートフォリオとしての役割を果たすことができません。
ポートフォリオは、あなたの作品をすべてまとめている器であると同時に、1つの完成した作品として自信を映し出す鏡でもあります。

ポートフォリオは1冊の本、映画と同じようなもので、読んでいる人をはじめから最後までエスコートしていかなければなりません。
つまり構成や規格がとても重要であるということです。


自分を効果的にアピールする


相手に自分を売り込むうえでとても効果的なポートフォリオですが、まさしく自分広告です。

続きを読む>>

スポーツ大会のパンフレットを自分で作ってみる

スタート


春、夏休み、秋などの時期には、地域の公園やスポーツセンターにおいて、スポーツ大会を規格している企業も多いですし、自治体で独自のイベントを開催することも少なくありません。
多くの参加者、来客者を集められれば、企業や自治体の名前を幅広くアピールできます。
地域を活性化することにも繋がります。

少しでも多くの方にスポーツ大会へ来てもらうためには、ポスター、チラシなどといったツールを活用し、宣伝するということがとても重要になります。
そこで、スポーツ大会において使用するポスター、デザインの制作方法についてご紹介します。

アイキャッチ効果のある写真を選んでみる


ポスターやチラシ、パンフレットを制作するときには、できるだけアイキャッチ効果が高い写真、イラストなどを選ぶようにしましょう。
このようなチラシデザインを決定するうえでなによりも重要になるのは、一瞬でインパクトを持ってもらえるかどうかです。

一瞬で印象付けられるものであれば、さらに内容を深く知ろうとして、書かれている細かい内容に目を向けてもらうことができます。
一瞬でインパクトを与えるためには、アイキャッチ効果ができるだけ高い写真、イラストを選択してください。

続きを読む>>

俳句集を手作りするならどうすれば良いの?簡単に作れる?

俳句

自分が作ってきた俳句、グループで作ってきた俳句など、俳句を作って楽しんでいる人も多いです。
このような俳句をただノートに書いたり、手帳に買いたりするのではなく、思い切って俳句や短歌などを整理してみてはどうでしょうか。
まずは俳句、歌の整理にとりかかるようにしましょう。

俳句の整理整頓を


まずは俳句の整理にとりかかります。
自分が気に入っている俳句だけをピックアップしていきます。
自選をするということです。

次に書き出した作品の掲載する順番を考えていきます。
書き出した俳句をどのように並べるのか、配列を考えて、書き出した句を並べ変えていきます。
パソコンを使用する場合には、一つひとつ番号を振っていきます。
パソコンなら簡単にそれらの順番をバラバラにして、並べ替えることができますよ。
年代順にして並べたり、季節によって並べていくというのが一般的です。

続きを読む>>

旅のしおりを自分で作るのは難しい?業者に頼むべき?

旅に行く

旅のしおりというのは、面倒で作らない人もいますが、作ってみるととても便利なものです。
また、旅のしおりは、難しいと思われがちですが実はそんなことはありません。
旅のしおりを手作りで作ってみたい、という方に旅のしおりに入れておきたい内容、簡単な作り方をご紹介します。


なによりもまずは計画を立てる


しおりを作る前に、なによりもまずは旅行の計画を立てなければなりません。
計画を立てずにしおりだけ作ることはできませんし、作る意味がありません。

計画を立てる時には、ひとりで考えるのではなく、旅行メンバーで集まるなどして行きたいところをピックアップしてまとめてみてください。
人数が多いと考えを統一するのも難しいところがありますが、旅行の計画の時点から旅行はすでに始まっているんですよ。

続きを読む>>

エッセイを作って印刷するまでにはどうすれば良いの?

万年筆

今では、ブログなどをSNS上で自由に人気をかけるようになっているのですが、このような日記をもっと多くの人に見てもらいたいなんて思ったことはないですか?

今書いているブログをエッセイにすると実際に読んでいる人も共感しやすかったり、それが1つのきっかけになって知り合いになれることもあります。


エッセイとコラムって?


エッセイとコラムという言葉を聞いたことがあると思いますが、この2つの違いについてはご存知でしょうか?
エッセイとコラムの違いや書き方のコツをご紹介します。

エッセイの意味ですが、随筆という意味があります。
まさに筆のおもむくままに思いついたことをそのままありのままに書くということです。
書き方に決まった形式などは一切ありません。

もちろんテーマなども自分の好きなように決めて問題ありません。 続きを読む>>

PUR製本って?PUR製本で冊子の劣化は防げる?

見開き

PUR製本という言葉を聞いたことはありますか?
この製本方法は、簡単にいえば強力な粘着力を持つ接着剤を使用した製本方法です。

PUR製本とは


PUR製本はPURホットメルト接着剤という特殊な接着剤で、この接着剤を使用した製本方法をPUR製本といいます。

接着強度が非常に高いポリウレタン樹脂をベースにしている接着剤であり、建築用パネルであったり、自動車の内装材などのような分野において非常に広く使用されてきました。
この特殊な接着剤が製本用としても使用されるようになったのです。

PURホットメルト接着剤は加熱や溶解をした後に一度冷えて固まります。
そこから空気、そして紙に含まれている水分との間で化学反応を起こします。
この化学変化によって極めて高い強度で固まるのです。

続きを読む>>

PTA新聞を上手に作成・印刷するコツは?

PTA

子どもが小学校に入学すると、PTA役員として大忙しになることもありますよね。
このPTA役員の大切な仕事として、広報誌の作成があります。

PTA新聞って?


PTA新聞というのは年に3回、学期末に発行されることが多いです。
内容は学校によって様々ではありますが、学校行事の様子を伝えるものである、というのが基本です。

このPTA新聞は全校生徒に配布をしています。
発行数は全校生徒にしっかりと行き渡るように印刷をしなければなりません。

形式は白黒のものもありますが、カラーのものもあります。
制作するツールというのは特に制限はありませんが、全く作り方が分からない場合には、前任者に色々と質問してみるのが確実です。

続きを読む>>

あんな冊子やこんな冊子の作成方法とポイントは?

書棚

冊子には色々な種類のものがあります。
文集や会社案内、取扱説明書など様々です。
作成する冊子の種類によって、作成方法というのは少しずつ違いがありますので、冊子の作成方法についてご紹介していきます。


文集を作成する方法は?


文集は、文章、詩集といったものをまとめて作ったものです。
卒業文集などは一度は作成したことがあるのではないでしょうか。

文集は複数人の文章を集めなければならないので、文集を作成するときにはとても多くの人に文章を書いてもらえるようにしなければならないのです。
また、文集文集はせっかく作成したとしても、その文集を見ている人がいなければ制作をしただけになってしまいますので、文集は1人でも多くの人に見てもらえるように作成するのが基本です。

文集を作成する時には、どんなジャンル、テーマの文集にするのかを明確にしておくべきです。
卒業文集ならテーマは思い出になります。
思い出をしっかりと凝縮したものになるように制作しましょう。

続きを読む>>

冊子印刷業者でチラシを作る時にはモノクロ?カラー?

ちらしい

冊子印刷業者でチラシの作成を依頼する場合には、できるだけコストを抑えつつ、それでいて反応率の良いチラシを作成したいと思うものです。
コストを抑えつつ、反応率の高いチラシを作成するのであれば、モノクロや単色にするのか、カラーにするのかをまず決めていきましょう。

モノクロや単色チラシのメリット


モノクロや単色のチラシというのはやはりコストを最小限に抑えられるというのが魅力です。
一見するとインパクトがなく、あまり意味がないように感じるかもしれません。
しかし、上手に活用することで、カラー印刷と比較をしても反応率を高くすることも可能なのです。

では、費用対効果抜群のモノクロ 単色チラシを作るにはどうすれば良いのでしょうか。
そもそも、チラシに対してコストをかければかけるほど集客につながるわけでも、売上がアップするわけでもありません。

高い費用をかけてチラシを作成したとしても、そこまで高い効果が得られなかった、ということも十分に考えられるのです。
ただ、どのような内容のチラシなのかによって、カラーチラシでなければならない、ということもあります。

続きを読む>>
© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る