» 印刷・製本コラム

印刷・製本コラム

冊子のサイズを選ぶ時に押さえておくべきポイントは?

メジャー

製本方法は様々あります。
無線綴じ、中綴じ、上製本といったように製本の方法によって仕様も異なります。
各製本方法によって選択できる仕様が違うものなのか…
もしもそうなのであれば、各仕様を確認したうえで、製本方法を選択したほうが満足のいく冊子の作成を実現できるはずです。

そこで、無線綴じと上製本のそれぞれの仕様と、その仕様の違いについてしっかりと確認をしたうえで、希望に合った製本方法をピックアップしていきましょう。
そのうえでサイズを選ぶのがとても重要になります。

冊子の外観と製本方法


無線綴じは印刷をした用紙を束ねて糊をぬります。
そして表紙を貼り付ける最もスタンダードな製本方法になります。
強度が非常に高いので、ページ数の多い冊子に適しています。
文庫本、雑誌によく使用されます。

続きを読む>>

「インクの歴史と現在使用されているインクの種類」

インク


印刷において用いられているインクというのは、印刷の技術を開発すると同時に進歩していき、現在使用されているインクになるまでに色々な改良が加えられてきたものです。

世界各地で古くから印刷物が用いられてきましたが、世界で見つかっている最も古い印刷物というのは、中国で見つかっているものです。
七世紀半ばにみつかっています。

みつかった印刷物に使用されていたインクは粘土やすすなどをまぜたもので、木版を使用して印刷されたものでした。
インクの中でも最も古いこのようなインクは現在使用されているインクとは全く異なるものです。

活版印刷による印刷技術の誕生


現在使用されている印刷技術の基本となっている活版印刷と呼ばれるものを発明したのはヨハネス・グーテンベルクという人で、聖書を印刷するために発明されました。
活版印刷技術を確立して聖書を印刷し、数多く出版することで、次第に世界各地に拡散されていきます。

続きを読む>>

学会誌の印刷をするポイントは?なにで作成すれば良い?

会議

学術論文、報告書など冊子形式の印刷物を作成したい時には、どのようなことから始めれば良いのか…
冊子形式の印刷用のデータを作成していくうえで、押さえておくべきポイントについてご紹介します。
ソフトを使ってデータを作成するポイントを是非押さえてみてください。

原稿の作成ソフト


冊子印刷のデータを作成する時に使用するソフトはいくつかあります。
中でもAdobe社のソフトを使用するというのが多いようです。

写真集、同人誌、卒業アルバムといった文章よりも写真や画像を主に使用しているような冊子ではなく、論文や研究報告書などのような文字がメインになっているもの、ページ数の多い冊子であれば、office系のソフトを使用して作成することが多いです。

続きを読む>>

冊子のレイアウトのポイントは?どうレイアウトするのがベスト?

原稿


冊子のレイアウトはある程度自由がききますが、やはり基本的なレイアウトについても押さえておくようにしましょう。

冊子のレイアウトの基本中の基本


本屋などに行くと、小説や雑誌がたくさんあります。
このような小説などを確認してみると、一定のルールによって文字が並べられているのに気づくと想います。

冊子印刷における原稿作りでは、この基本的なルールをしっかりと押さえておくことによって、とても読みやすいものになるのです。
文字中心のものをエディトリアルデザインと呼びます。
小説であったり、学会誌、さらには報告書といった文字を中心としてデザインされているページのことをエディトリアルデザインと呼んでいます。

エディトリアルというのは、編集をするという意味です。
つまり、簡単にいえばあらゆる情報をまとめて、まとめた情報をページ内でどのように配置をするのか、ということを考える作業になります。

続きを読む>>

冊子印刷時に原稿はどのように作ればいい?入稿のポイントは?

手書き

冊子印刷をする時には、冊子にしたい原稿をまずは業者に提出する必要があります。
自分で印刷をする場合にも同じで、印刷前に原稿を作らなければなにもはじまりません。

パソコンでつくったテキストデータの原稿


テキストデータというのはパソコンのワード、テキストエディタなどを使用して作成した文章です。
このようなテキストを使用して作成した文章のデータになります。
このようなデータを業者が編集作業を行います。

ワープロソフトなどによって書式の設定を細かく行っている場合には原稿として受け取ることができない、という業者もあります。
そのため、事前にどのようなデータを原稿として受け取ってくれるのかを確認しておいてください。

続きを読む>>

冊子やチラシをネットで印刷するメリットは?注意点もチェック

通販

様々な冊子をはじめ、名刺やチラシ、さらにはパンフレットといったものをどこで印刷しているでしょうか。
自宅の近くにある地元の印刷会社に依頼をしたり、自宅にあるプリンターを使用して印刷している人も多いと思います。

しかし、近所の印刷会社、自宅のプリンターを使用して印刷をするよりも、ネット印刷を利用した方が安く印刷ができるというのを知っていましたか?

ネット印刷を利用することによって、大きく影響を受けている印刷会社も少なくありません。そのくらいに、ネット印刷の価格というのは圧倒的に低価格なのです。

しかし、ネット印刷を利用する時にはわからないこともたくさんあると思いますので注意点などをチェックしていきましょう。

続きを読む>>

特殊印刷って?どんな印刷方法でどんな種類があるの?

シルク


印刷技術というのは日常生活においてとても重要な役割を担っています。
パンフレット、論文、レポートなど様々なものを作成してプリントする時には印刷は欠かせません。
紙媒体の作品を作る時などにも印刷を利用することはとても多いと思います。

印刷にはいくつも種類がありますが、非常に特殊な印刷技術を用いることがあります。
それを特殊印刷を呼びます。




印刷機によって行われる印刷の種類は?


印刷機によって行われる印刷の種類は4つです。
まずは凸版印刷です。
凹凸をつけた版の凸部分に対してインクを乗せて転写します。
もっとも古くから使用されていた印刷技術になります。 続きを読む>>

冊子の表紙・背表紙作りのコツ

表紙

冊子を作成するときに絶対に忘れてはならないのが表紙のデザインです。
表紙というのはやはりその冊子やカタログの顔となるものです。
自分でデザインする場合はもちろんですが、デザイナーに対してデザインのイメージを伝える時には表紙のデザインはかなり悩むところだと思います。
そこで表紙に必要なものについていくつか分かりやすく説明していきたいと思います。

そのカタログは誰に向けて作るものなのか


まず何よりも欠かすことができないのは、その雑誌やカタログが誰に向けて作るものなのかです。
次にどのように見られたいと思っているのかこの二つについてしっかりと確認しておく必要があります。

続きを読む>>

コンビニで冊子をつくってみる!?

コンビニ

同人誌を作ったり、資料を作ったり、様々なことに印刷は使用されます。
そしてこれらのものを作るとなると、締切がありますよね。
締切はとても大切ですが、ちょっと取り掛かりが遅くなってしまい、結局印刷業者に依頼をしていると印刷が間に合わない…
そのような危機的状況において、コンビニプリントがとても役立ちます。

コンビニプリントを使用すれば仮にイベントや締め切り当日だったとしても、ギリギリで製作作業を完了させることができます。
しかしコンビニのプリンターというのはどの程度のクオリティなのか、というのはかなり気になるところだと思います。

コンビニならおすすめはセブンイレブン


コンビニプリントというのはコンビニあるプリンターを使用しますのでコンビニであればどこでも置いてあります。
しかしそれぞれ取り扱っているプリンターの種類が違いますので、コンビニによって仕上がりが異なります。
ではコンビニプリントをするのであればどこがオススメなのか気になりますよね。

同人誌など冊子の印刷を簡単にできるのはやはりセブンイレブンのプリンターです。
セブンイレブンでは富士ゼロックスのプリンターを使用しており、小冊子専用のプリント機能が付いている複合機を使用しています。
その機能が同人誌など小規模の冊子を作る上でとても役立つのです。

続きを読む>>

同人誌印刷の入稿方法について

ペンタブ

同人誌の制作を行っている人は非常に多いです。
同人誌の原稿が完成したら、自分で印刷するか印刷所に原稿の印刷を依頼します。

同人誌の印刷は、同人誌を制作するうえでのまさに最終段階ですので、最後の仕上げのつもりで油断せずにしっかりとポイントを押さえて制作しましょう。

印刷会社に入稿をする方法は?


印刷会社に対して原稿を入稿する場合にはいくつかの方法を選択することができます。
まずは入稿する方法についていくつかご紹介したいと思います。

オンライン入稿というのは、デジタル原稿をインターネットを利用して送付する、という方法になります。
パソコンをインターネットにつないでいること、原稿を送付できる程度の基本的な操作ができるのかどうかが大前提になります。
オンライン入稿であれば、送付に時間もかかりませんし、手間もかからないのでとても手軽でスピーディです。
ただし、アナログ原稿の場合には、この方法を利用することはできません。

続きを読む>>
© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る