» 印刷・製本コラム

印刷・製本コラム

レシピノートは中綴じで簡単につくれる!楽しいレシピノート作り

レシピ見てる

自分の得意な料理や母親から教えてもらった料理など大切なレシピというのはいくつかあると思います。
そんな大切なレシピもどこにメモしたのか分からなくなってしまったり、結局見つけることが出来ずに作れなくなるという経験はしたことはないでしょうか。

そのようなことを防ぐために自分なりにレシピノートを作っている方が多いです。
レシピノートは、市販されている大学ノートなどに書くのも良いですし、中綴じなど簡単な製本方法で自分なりのレシピ帳を作ってみるというのもおすすめです。

ノートなどを使わなくてもスマートフォンに保存していたり、レシピサイトなどを見れば分かると思われるかもしれませんが自分が本当に何度も作るようなお気に入りのレシピはできるだけ簡単に見かえせるようにノートにしたほうが効率が良いですよ。

自分だけのオリジナルのレシピノートというのは書き足していくのも、もう一度見直すときにもとても楽しいですし世界でひとつしかないお料理ブック作りにチャレンジすると料理への愛着もまた湧くようになっていきます。 続きを読む>>

パンフレットの上手な作り方って?どんなことに注意すれば良いの?

パンフレット

会社案内はもちろん、カタログ、パンフレットといったものは、実際にその冊子を手にした人が見やすく、理解しやすいというのがとても重要になります。
そのために知っておくべき制作上のコツについてご紹介していきます。

押さえておくべき部分を押さえておくだけで、初めてのパンフレット制作でも失敗しにくくなります。

まずは原稿を作ります。
パンフレットの作成とはいってもいくつも種類があります。
会社案内の場合、最もシンプルなのは4ページの会社案内です。
あくまでも単純に、会社概要のみを案内するというものになるのか、それともサービスや取り扱っている商品を載せて営業における武器にもなるパンフレットにするのかによって構成は全く違ってきます。 続きを読む>>

オフセット印刷ってどんな印刷方法?その歴史は?

インク出し

オフセット印刷というのは書籍を印刷したり、商業印刷など非常に幅広い用途で用いられている印刷方法になります。
オフセット印刷は色の再現性が非常に高いのはもちろん、写真などもきれいに、鮮明に印刷できるというのが特徴です。

オフセット印刷は写真、イラストなどのように発色を重視する印刷物に対して用いられることが多いです。
また、短い時間の中でも同じ印刷物を大量に作り出すことができ、単価も抑えられますので大量印刷に最適です。

オフセット印刷では、印刷をする前に版という原本を作ります。
この工程のことを製板というのですが、それから版にインクを載せてゴムで作られているローラーにインクを転写していきます。

ブランケットから紙に転写すると版のとおりに印刷されていきますし、オフセット印刷機で使用するインクは顔料油性インクですので、水性インクと比較をすると乾きがとても早くなります。

版、ブランケット、そして乾きやすい顔料油性インクを使用することによって、より高い品質を保ちつつたくさんの印刷を行えるというのがオフセット印刷最大の魅力です。 続きを読む>>

写真集やフォトブックを作るなら手づくり?中綴じだと仕上がりは?

2021033102.jpg

これまでに撮影した写真がたくさんあり、それをフォトブックにしようと思っているけれどどのようにすれば良いのか分からないという方も多いと思います。手作りの写真集やフォトブックといったものを自分で作ってみたいという方も少なくないと思いますが、フォトブックを作るのはちょっとしたコツが必要です。

フォトブックを作る時には製本方法はそこまで重要な問題ではなく、何よりも重要になるのはどれだけしっかりと準備段階で必要なものを揃えることができて順序よく作ることができるのかです。

どれだけ製本方法が完璧でもどのような写真をフォトブックにしたいのか、どのような順番に並べていきたいのかというのを把握していなければ良いフォトブックを作るのが難しくなってしまいます。 続きを読む>>

パンフレットの効果を高める作り方は?中綴じでも良いパンフレットになる?

2201

パンフレットというのは会社案内をはじめイベントの案内、さらには自社の商品をプロモーションするうえで非常に役立つものです。家電量販店やスーパー、雑貨屋、スポーツクラブなどでもの場所で目にするとても身近なものです。

ただ、パンフレットを自分で作るとなるといったいどこから進めていけばいいのか何をどのように書いていけばいいのか迷ってしまうものです。

またパンフレットはただ商品や、プロモーションしたいものの情報を書けばいいと思うのではなく選んだ相手がしっかりとその商品に興味を持ってくれてなおかつそれが成果につながるというのが重要になります。

ではしっかりと成果を出すことができるパンフレットというのはどのようなものでありどのように作れば良いのでしょうか。

本当に効果のあるパンフレットの作り方についてご紹介します。 続きを読む>>

中綴じでカレンダーを手づくりするのは簡単?難しい?

カ01

毎日の生活の中で欠かすことができないものというのはたくさんありますが、その中でもやはりカレンダーが欠かせないという方は多いのではないでしょうか。

カレンダーは今でこそスマートフォンや携帯電話のディスプレイ上に表示されている日にちなどを見れば良いものの、やはりアナログなカレンダーを毎日使用しているという方も少なくありません。事実私もカレンダーや手帳といったものはスマートフォンのアプリなどを使用するのではなくできるだけアナログのものを選ぶようにしています。というのもアナログタイプのカレンダーであればいつでも好きな時に予定や気付いたことなど些細なことを簡単にメモすることができるからです。簡単にメモができるということはそれだけ忘れずに済むということですし、メモとしての役割が非常に強いように感じます。

これまで卓上カレンダーやいろいろなタイプのカレンダーを使ってきましたがその中でも特に私が使いやすいと思ったのはやはり壁掛けタイプのカレンダーです。壁掛けタイプのカレンダーというのは好きなところに目立つようにかけておくことができますので、場所を選びませんし大きさもある程度あるので書き込むときに書き込みやすいというのは大きなメリットだと思います。

数多くあるカレンダーの中でも壁掛けタイプのカレンダーが好きな私ですがもう一つこだわっていることがあります。

それはできるだけ手作りでカレンダーを作るということです。手作りのカレンダーというのはそれだけ思い入れが強くなりますし、自分好みのカレンダーに仕上げることができるので最終的に手間はかかるものの使い勝手が抜群に良くなります。

それでは手作りカレンダーの作り方についてご紹介していきます。
  続きを読む>>

中綴じで学校の新聞や広報を作る時のポイントは?なにをすればいい?

k1

学校の新聞や広報といったものを作る時には、取材を行ったり写真をとったりとやらなければならないことはたくさんあります。
例えば運動会のように保護者が参加するような行事の場合には広報委員が写真撮影をすることが多いと思います。

しかし修学旅行などの場合には一緒に行くわけにはいきませんので、修学旅行中に撮影した写真などは後日先生から受け取るというのが一般的になります。どのような写真を撮って欲しいのか、ということを明確にしておかなければ後から提出してもらった写真持ってく使えないということもありますので、前もって先生に写真のお願いを正確にしておくというのが重要になります。

また、どの部分を誰が担当するのか取材をするのか、そして原稿を依頼するのは誰なのかということを細かく決めておくようにしてください。大体どこに何を書くのかレイアウト表を作っておいて、その部分に書き込むととてもわかり易くなります。

誰が何を担当するのかというのは、くじ引きなどで決めるのも良いのですが苦手なことを嫌々したとしてもクオリティが下がるばかりです。写真を撮るのが好きな人であれば撮影を担当してもらい、文章を書くのが好きな人であれば記事を担当してもらうなどしてみてください。人と会話をしたりコミュニケーションをとるのが大好きという人の場合にはインタビュー担当になってもらうと良いでしょう。もちろんどうしても担当してくれる人が見つからない場合にはくじ引きをしても良いのですが出来る限り得意な人が担当するようにするのが理想的です。

これはあくまでPTAの広報誌や新聞ですのでプロが作る新聞ではありません。素人が作るものというのを大前提にあまり気負わずに楽しむようにしてください。 続きを読む>>

商品カタログの重要性は?くるみ製本でワンランク上のカタログに

カタ2

通販で商品を販売している企業にとって、カタログというのはまさに店舗と同じくらいに重要なものです。

どのようにして商品を配置するべきなのか、どのくらいインパクトのある表記にするべきなのか、そして何よりどうすればカタログを見た人が購入したいと思ってくれるのか。
カタログを作成する上で悩むところは多いと思います。

目標としている売り上げをしっかりと達成するためには、売上を伸ばすことができるカタログ作りをしたいものだと思います。カタログというのはただ商品を並べていれば良いのか、といえばそうではなくカタログにはなければならない要素というものがあります。カタログになくてはならない要素をしっかりと満たした上で作成されたカタログでなくては売上を伸ばすことはできないでしょう。

すでにカタログを作成しているもののなかなか売り上げが伸びない場合や、これから始めてカタログを作る場合にもしっかりとカタログの内容、そして製本方法について確認してみてください。 続きを読む>>

PTA広報誌を作る時にはどうすれば良い?中綴じでも良いの?

広報01

PTA役員になって、広報委員になったものの、広報誌をどのようにして作れば良いのかは検討もつかない…そのような方も多いと思いますし、初めて広報委員になったという方が大半だと思います。

原稿をどのようにして入稿すれば良いのか、わからないことばかりなのであれば、まずはいくつか押さえておくべきポイントがありますので、チェックしてみてください。 続きを読む>>

議事録の上手なとり方は?議事録はくるみ製本で大切に保管を

議事録2

議事録というのは会社などでの会議の内容はもちろん、町内会での会議の内容などに至るまで様々な会議で必要になるもので、会議の内容を細かく文字に書き起こします。

議事録とは会議の内容を文字にすれば良いだけと思う方もおられるかと思いますが、実は議事録というのはなかなか難しいもので、誰がいつ見てもその会議で何が話し合われたのかがわかるようにまとめなければなりません。いざ議事録を作成する係になったとしてもメモを上手く取ることができなかったりどのように議事録を作成すればいいのかが全く分からないと頭を抱える方も少なくないでしょう。

しかし議事録は少しだけコツを押さえておけば驚くほど簡単で、なおかつ読みやすい議事録を作成することができるんです! 続きを読む>>
© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る