新規会員登録

» » » 中綴じ(中とじ)

中綴じ(中とじ)

中綴じ(中とじ)印刷
中綴じ(中とじ)の見積もりシミュレーション

中綴じ(中とじ)製本の方式の一種で、1枚で4pの本文を開いた状態の紙を重ね、中央部分を針金(ステッチ)で綴じる製本方法。
本文を重ねて二つに折るため、ページ数の多いものには向いていない。またその状態で断裁をするので、ページ毎に紙面の広さが変わり、内側のページほど面積が狭く、外側のページほど広くなる。

中綴じ(中とじ)の製作実績

  • 絵本
    絵本
    中綴じ
    B6
    本文24ページ
  • テキスト
    テキスト
    中綴じ
    A4
    本文36ページ
  • 作品集
    作品集
    中綴じ
    A5
    本文32ページ
  • メニュー
    メニュー
    中綴じ
    A4
    本文12ページ
  • 診察券
    診察券
    中綴じ
    91×128 mm
    本文4ページ

中綴じ(中とじ)の特徴

  • ノド部分(綴じ側)まで開いて見ることができる。
  • 本を開いた状態で置く事ができる
  • 無線綴じより安価に仕上げることができる。
  • 二つ折りした本文を重ねて綴じるのでページ数は4の倍数になる。

中綴じ(中とじ)をよく利用される冊子

マニュアル取扱説明書会報広報誌、パンフレット など

中綴じ(中とじ)の強度について

針金で綴じられてあるので一定以上の強度があるが、ページ数が多くなると針金への負荷が大きくなり、はずれやすくなります。

冊子印刷ドットコムでは中綴じの場合、最小4 p単位で紙を変えたり、ページを増減することができます。
針で綴じない針なし中綴じや、4の倍数にならなかった場合に2 p分のペラを指定されたページの間に入れることもできます。


冊子印刷ドットコムに電話で相談する

お問い合わせフォーム


メルマガ会員限定キャンペーンやってます


© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る