» » 学園祭パンフレットやポスターの作り方

印刷・製本コラム

学園祭パンフレットやポスターの作り方

学祭

高校や大学などでは文化祭が行われます。
この文化祭や学園祭では、パンフレットを作成したり、ポスター、横断幕などを制作することも多いです。
このようなパンフレット、ポスター、横断幕を印刷会社において作成するというのも増えてきています。

手作りも良いのですが、印刷会社に発注をすることで、しっかりと雨風にも絶える強い横断幕を制作することができます。

文化祭のポスターや横断幕、パンフレットを作成する方法というのはとても簡単です。
ポスターを作成する場合には、原稿となるものを作成したうえで、スキャン等でデータにして、印刷会社に持ち込みます。
あとは印刷をしてもらいます。

また、手書きの原稿を印刷会社で拡大印刷してもらいます。
すべての原稿をパソコンで作成してから、データで入稿するという方法も手軽です。

パソコン、スキャナーを持っておらず、手書き原稿で作成する場合には、印刷会社に直接手書きの原稿を持ち込むか、もしくは郵送となります。
この場合にはどうしても郵送等の時間がかかりますので、前もって時間に余裕を持ったうえで投函してください。
もちろん急ぎの場合には直接持ち込みでもOKです。

手書きの原稿をパソコンやスキャナーでデータにして、オンライン入稿もできます。
USB、SDカードなど記録メディアにデータを保存してから印刷会社に入稿することもできます。
スキャンをしてデータ化しておけば、手書きで手作り感がしっかりとありながら、オンライン上でデータを入稿できるのでおすすめです。

文化祭で使用するポスター、横断幕を印刷会社において作成する時には、いくつか注意すべき点もありますので、しっかりと押さえておくようにしてください。


業者に原稿を入稿する時におさえておくべきポイント


手書きの原稿を入稿する時には、手書き原稿の入稿を受け付けてもらえるのかどうかをまず確認しておいてください。
丁寧に、一生懸命に作成した手書きの原稿が完成してから、入稿できないとなってしまうと大変です。

文化祭によっては、パソコン等で作成したものはだめで、手書きのものだけを使用できるということもあります。
そのため、依頼したいと思っている印刷会社が手書き原稿の入稿にしっかりと対応してもらえているのかどうかを確認する、というのを忘れないでください。

また、手書き原稿の持ち込み印刷の場合には、データ化する時に料金が発生することもありますので、料金メニューについても必ず確認をしておいてください。

原稿データの入稿時には注意点もあります。
原稿データをオンライン入稿、記録メディアで入稿する時には、印刷会社によって対応できる形式、解像度など細かく違いがあるものです。
どのような形式での入稿が理想的なのか、ということを事前に問い合わせておくと安心です。

原稿?

文化祭のパンフレットは?


文化祭のパンフレットを作成する場合には、ぜひ当店にお任せください。
文化祭のパンフレットを作成するのであれば、当店では無線とじ、中綴じをおすすめしております。
無線とじというのは、本の背の部分に角がありますので、背表紙に好きなように文字を入れることができます。
中綴じと比較をすると、少しだけ高級感を出すことができます。
ちょっと一つランクが上のパンフレットを制作したいという方におすすめです。

また、強度が非常に高いですので、ある程度ページ数が多いとしてもしっかりと製本できてきれいに仕上がります。
見返し、カバー、さらには帯をつけることもできますよ。

ただ、構造からも、綴じた時に隠れてしまう部分ができてしまいます。
見開きで一つのイラストにしたい、などデザイン性に優れた冊子にはおすすめできません。

中綴じは綴じ側がしっかりと根本まで開きますので、パンフレット、地図を作成する時には最適です。
ただ、ページ数が多いものに関してはあまり向いていません。
ページ数が多すぎるものや、1枚あたりの用紙が分厚いと綴じた部分が膨らんでしまい、見た目があまり良くありません。
また、見返しをつけることはできません。

中とじは表紙、本文とを2つ折にして背表紙の真中部分を針金で綴る製本方法です。
そのため、ページ数の設定というのは4の倍数にならなければなりません。

冊子の種類によって、綴じ方も向き不向きがあります。
パンフレットを作成する時にわからないことがあれば、いつでもお問い合わせください。

文化祭や学園祭というのは、雰囲気がとても重要になります。
これらの仕上がりが、文化祭や学園祭の集客、盛り上がりなどに大きく影響するということを是非覚えておいてください。
雰囲気を盛り上げるうえで欠かすことができないポスター、横断幕を印刷会社において作成する方法はいくつかあります。

手書き、データ入稿、パソコンでの原稿作成など色々ですが、印刷における料金や流れ、納期などは印刷会社によって大きな違いがあります。
ポスターも、横断幕も、そしてパンフレットも…といったように作成するものが多ければ多いほど、できるだけ早くお問い合わせ下さいね。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る