» » オンデマンド印刷が選ばれるのはどうして?発色は良いの?

印刷・製本コラム

オンデマンド印刷が選ばれるのはどうして?発色は良いの?

おんでまん

チラシやパンフレットといった印刷物を制作する場合には、従来の方法であれば版という基礎となるものを作ります。
そしてその版を印刷機にセットしてから、一度に大量の部数を印刷するという方法です。
これをオフセット印刷と呼びます。

ただ、この印刷方法の場合には版を作りますので、ある程度まとまった枚数の部数が必要になります。
50、100といった少部数の印刷には向いていません。

趣味などで印刷物を作りたいとなっても、一度に1000部など部数の多い印刷をすることはほとんどありません。
そのため、少部数に使用できる印刷方法はないものかと思っていた方も多いでしょう。

そこで登場した印刷方法、それがオンデマンド印刷になります。
オンデマンド印刷では、従来必要だった版を使用しません。
データから直接印刷しますので、少部数の印刷物であってもコストを押さえて制作できるようになったのです。

オンデマンド印刷の持つメリットは他にも


オンデマンド印刷は10部からでも印刷できてしまいます。
少部数の印刷はコストがかかっていましたが、少ししか印刷物は必要ないのにコストがかかるなんておかしい!
と思っていた方にはきっとオンデマンド印刷はとても魅力的だと思います。

少部数のチラシ、カタログといったものを作っていた中小企業にとっても、このオンデマンド印刷は便利でしょう。
さらに納期を大幅に短縮できます。
オンデマンド印刷は、版を作らなくても良いですし、デザインデータを直接使用してそのまま印刷できますので、短期間で印刷物を納品できます。
納期までが短い、少しでも印刷物を早く作りたいという方にも最適です。


気軽に印刷物を作れる


オンデマンド印刷は必要な部数を必要なだけ印刷できます。
そのため、テストマーケティングをしたい!という時にはピッタリです。

例えば、集客力を高めるためにチラシを作るとなった場合に、いくつかのパターンを準備します。
そしてそれぞれチラシを少部数ずつつくって、配布します。
そこで反応を見て、より反応の良いチラシを今度は大量に印刷する、という手法が使えます。

もちろん、万が一すべてのパターンで反応が悪ければ、また違うパターンを作るということもできます。
少部数を低コストで印刷できるからこそ、このようなテストマーケティングを取り入れられるのです。

カラーチャー

どんな色でも印刷できるの?


オンデマンド印刷というのは基本的に4色カラー印刷です。
つまり、特色の印刷はできない場合が多いです。

もしもデータ内に広い範囲でグラデーションなどがデザインされている場合にはどうしても印刷をした時にムラが出てしまい、きれいな理想としているグラデーションにはならないこともあります。
また、オンデマンド印刷は印刷機がどのようなコンディションなのか、気温や湿度によって色味が変化しやすいです。

どれだけ同じデータを同じ印刷機で印刷したとしても色味が変わってしまう場合があります。
同じデータでも、今日と明日では微妙に色味に違いが出るということです。

もしも何年も同じデザインを同じ色味で印刷し続けたいというのであれば、オンデマンド印刷ではなく多少コストはかかってもオフセット印刷を選ぶようにしてみてください。

また、オフセット印刷はインクを用紙に染み込ませていますが、オフセット印刷はトナーを用紙の上に乗せています。
極端に言えば、用紙の上に細かい粉がくっついているのです。
つまり、折り曲げたり、こすったりといった刺激に弱いですので、色の濃いインクを使用している場合にはインクが剥がれやすくなることもありますので、注意してください。


ロゴなどの印刷には注意


名刺やパンフレットなどに使用する会社のロゴの色というのはやはり企業を表すとても重要なデザインとなります。
特に色はとてもこだわっている場合が多いのですが、この色こそ印刷をするうえでいつも同じ色にするのが難しいのです。

どれだけいつも同じインクを使用していたとしても、印刷をする人の技術、そして前述したように気温などによって色は変わります。
色の変化やばらつきを最小限にまで押さえて印刷をしても微妙な変化が起きてしまいます。


オンデマンド印刷は、デジタル印刷ですので、オフセット印刷よりも安定しているのではないかと思われるかもしれませんが、そうではないのです。
また印刷直後には全く同じ色になった!と思っていても、日にちが経過してからもう一度比べてみると、微妙な色の違いが出ているということもよくあります。

いつも常に一定の色、寸分狂わない仕上がりを望まれるのであれば、オンデマンド印刷はおすすめしません。
ただ、その場合にはオフセット印刷になりますので、少部数となるとコストが非常に高くなってしまいます。

それならば、あえて色をできるだけ使用せずに、モノクロにするというのも1つの手段なのかもしれません。
オンデマンド印刷における色味は、ある程度の違いは覚悟しておかなければなりません。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る