» » 遠足のしおりを作るなら平綴じがおすすめ!ワンランク上のしおり作り

印刷・製本コラム

遠足のしおりを作るなら平綴じがおすすめ!ワンランク上のしおり作り

遠足


遠足のしおり、旅行のしおりといったものを作成していますか?
このような遠足や旅行におけるしおりを作っている人はあまり多くはないと思います。

子供にとって遠足や修学旅行などというのは、とても大きなイベントです。
楽しみにしている方も多いと思います。
旅行の数日前には学校から遠足のしおり、修学旅行のしおりといった冊子を配られます。

遠足のしおり、旅の行程、さらには行先の地図や住所などといったものが記載されています。
感想を書く欄がある場合もありますし、バスの中で歌をうたったり、ちょっとしたイベントについても記載されています。

手作りのものの場合には表紙に自分でイラストを書いたり、アレンジすることができます。
このようなしおりは、旅をより楽しくできるとても魅力的な冊子です。
この遠足のしおりは、平綴じでつくるのがおすすめです。

平綴じでつくったしおりは、充実した旅行、遠足に必須アイテムです。

しおり


しおりに記載すべきポイント


しおりには次のようなものを記載します。
交通費や施設の入館料、電車やバスの時刻表、宿の地図や住所などを記載していきます。
A5かA6程度の小さなサイズのものを作ると、携帯するのも容易です。
知りたい情報がある時には、さっと取り出せるくらいのサイズがおすすめです。

デザインやレイアウトに悩んだ時には、どのようなものがあるのかをチェックしていきましょう。
旅行 テンプレートなどのように検索をしてみると、作りやすくてデザイン性の高いアイディアを見つけることができます。

しおりは遠足や旅行の後にも使える!


しおりは旅行や遠足中にももちろん使うのですが、実は遠足や旅行が終わってからが実は役立つんですよ。

というのも、旅や遠足が終わったからといって、はい!終わり!!なんてすぐに終わらないですよね。
しばらくは余韻を楽しむことってありませんか?

例えば、旅先でなければなかなか手に入らないパンフレットなど持ち帰ったものが手元にあると思います。
そのような持ち帰ったものを見ながら遠足や旅の思い出に浸るのもまた楽しいですよね。

このようなものを手帳などに貼り付けたり、きれいに保管する人もいますし、しおりに挟んで保管するのもおすすめです。
このようなパンフレットなどを大切に保管するのも良いですし、たんなる旅のしおりよりもワンランク上の冊子に仕上げることもできます。

うまくまとめると、たんなるしおりから、実際に行ったからこそ作れる詳しい情報冊子に仕上がります。
旅行や遠足に出発する前に、ある程度情報を調べると思います。
このような情報を平綴じの冊子にしてまとめてしおりを作ります。

そしてこの情報の中には、インターネットで調べただけの情報が詰まっていますが、実際にその場に足を運ぶと、思っていたものではなかったり、情報とは全く違ったりします。

良くも悪くもこのような体験こそが本当に役立つ情報になります。
また、買ったものやパンフレット、誰かにわたすお土産なども写真に撮っておくともっと詳しい情報のつまったしおりに仕上がります。


さらにきれいにまとめる


使ったしおりにパンフレットや写真などをまとめて、他にはないオリジナルの冊子をつくると、旅をただ振り返るのはもちろんですが、また次に行く時にとても役立ちます。
もちろんインターネットで調べると簡単に手に入る情報もたくさんあります。
でも実際に足を運んだからこそ得られる情報には本当に価値があります。

同じ場所に旅行に行く友達、家族がいれば、そのしおりを渡してみてください。
きっと喜ばれますよ。

最初に作ったしおりにまとめるだけでももちろん良いのですが、ワンランク上の冊子にまとめてみるのも良いですよ。
冊子形式にしてまとめた情報、写真などを1つの冊子として新たに制作してみるのも面白いですよね。

その時には、平綴じではなく、上製本にするのも良いですね。
最近では、1冊からきれいに仕上げられる品質の高いオンデマンド印刷がとてもお手軽に利用できます。
コストを最小限に抑えつつ、本や冊子を作ることができますよ。

子供の遠足で作ったしおり、家族や友人、職場で行く旅行のしおりをまとめて、新たに冊子としてきれいに仕上げて思い出としてきれいに残すのはとてもおすすめです。
上製本や無線綴じで背表紙をつけると、本棚に並べた時にもとても見た目が良いですよ。

旅行の醍醐味や感動、そしてその場に行かなければ得られない情報がぎゅっと凝縮された冊子がたくさん並ぶのはとても幸せだと思います。

遠足や旅行に持って行きやすく、読みやすいしおりを冊子印刷で作成してみたり、しおりを思い出の詰まった情報冊子にまとめて思い出いっぱいの冊子をどんどん増やしていってみてください。

どのようなしおりを作りたいのか、どのようにまとめたいのかによって、平綴じだけではなくその他の製本方法もご提案できますので、是非お気軽にお問い合わせくださいね。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る