» » 納得のいく冊子印刷をするためのポイント

印刷・製本コラム

納得のいく冊子印刷をするためのポイント

good

冊子印刷と呼ばれている複数のページを印刷し、綴じ込んだ印刷携帯というのはいくつかの種類があります。
それでは、冊子印刷についてご紹介していきます。

冊子印刷の種類って?


冊子印刷にもいくつかの種類がありますが、この中で一般的に利用されているものがあります。
それは中綴じ冊子印刷、無線綴じ冊子印刷です。 まずは中綴じ冊子印刷なのですが、この中綴じ印刷というのは冊子を開いた状態で重ねていき、中央部分を表紙ごとに二箇所針金で綴じる、という製本方法になります。
ページ数があまり多くない冊子に最適な歩法で、様々な用途によって利用されています。

大体100ページ以下の枚数の冊子印刷なのであれば、この中綴じ冊子印刷が理想的とされています。
無線綴じ冊子印刷の場合には糸、針金といったものを使用せずに丁合が完了した折丁の背表紙部分に専用の接着剤を使用して表紙でくるみます。
冊子は非常に丈夫ですし、長持ちしますので幅広い用途において使用されています。

中綴じと比較をするとページ数の多いものに対して可能です。
変形サイズのものにも対応しているのが特徴だといえます。

会報誌などに使用されることが多いのは差し込み冊子です。
2つ折りを行うだけの製本です。
スクラム製本と呼ばれることもありますが6ページなどの丁度よい枚数ではないページ数においてもベラを差し込むことによって対応することが可能になります。

32ページ前後までであれば、この差し込み冊子でも対応することができます。
以前であれば、細かい工程を伴うものだったので、一定以上の印刷のボリュームがなければコストパフォーマンスが低くなってしまっていました。
しかし、近年では少量のロットであっても安価で印刷を請け負っているオンデマンド印刷を積極的に取り入れている印刷会社も増えています。

印刷自体にコストがかかるというよりも、印刷に携わる人達への費用が大部分を占めていましたので、手間のかかっているものは部数が少なかったとしてもイニシャルコストが高くなりがちだったのです。
電子製版ができるようになることで、印刷がプリンターにより近いもので対応することができるようになり、製版などのコスト生産ではなくなったことが安価に印刷できるようになったリユです。

希望している冊子に関してもいくつかの異なる携帯の冊子によって印刷をした場合のコスト試算も手軽に行えるようになっています。
このような印刷会社がウエッブサイトで提供をしている見積もりサービスもありますので手軽に比較できるようになっています。


冊子印刷は用紙のチェックも欠かさずに


最近ではパソコンのプリンター、インターネットにおける注文で手軽に印刷物を作成できるようになっています。
しかし、自分が思っているような仕上がりにならずに満足できていない人も少なくありません。

自分のイメージした通りの印刷物をつくるためには、印刷の方法を基本として印刷用紙や印刷のサイズなど様々な条件を確認しておかなければなりません。
印刷において使用する紙の種類についても確認しておきましょう。

印刷用紙の種類というのは様々な印刷物の用途によって用紙選びは異なります。
印刷用紙にはコート紙やマットコート紙などがあります。

コート紙というのはツヤのある色を表現したい時に使用する印刷用紙になります。
紙の表面に顔料を付けて均一に、滑らかに仕上げた印刷用紙になります。

コート紙は裏面だけでなく裏面にも光沢があります。
印刷における特性に非常に優れており、写真などがとてもきれいな画質で印刷することができます。
色を鮮やかに表現するのに適しており、商業印刷において幅広く使用されています。

写真や高品質なカラー印刷をしたい場合には、このコート紙を使用するのが理想的です。
ただし、仕上がりが良くなる分、コスト面で負担が大きくなります。
また、ボールペンなどで書き込みをする場合には、あまり適していません。



紙

マットコート紙


マットコート紙は、光沢が抑えられており、落ち着いた印象の仕上がりになる印刷用紙になります。
コート紙と比較してもそこまで費用面における違いはありませんが、マットな紙質が特徴です。

ツルツルしていない落ち着いた手触り感であり、コート紙と比較して光沢がありませんので半光沢紙と呼ばれることもあります。
色の発色というのはコート紙に近いのですが、紙自体に厚さが出ます。

インクのにじみも少ないので印刷の仕上がりが落ち着いていて、光沢を抑えたい時に適しています。
写真などの画像をよりきれいに表現したい場合にはおすすめできませんが、文字をよりはっきりと表現したい場合や、ボールペンなどで書き込みをする時にも適しています。

コート紙と比較をすると鮮やかさという点ではマイナスです。

このように冊子印刷自体にはいくつか種類がありますし、使用する紙においても種類があります。
どのように組み合わせるのかによって冊子印刷自体のクオリティも大きく変わりますので、印刷の種類と紙の種類との良い組み合わせを選ぶ必要があります。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る