» » 印刷会社を選ぶならどんな基準で選ぶべき?

印刷・製本コラム

印刷会社を選ぶならどんな基準で選ぶべき?

選択する


印刷会社を選ぶときには、インターネットで検索しただけでも数え切れないほどの印刷会社が検索結果として表示されます。
印刷の質や、目的によって選び方には違いが出てくるのですが、良い印刷会社を選ぶためにはどのようなことを基準にすれば良いのでしょうか。
その点をしっかりと把握しておく必要があります。

実は料金やスピードというのは現在ではどこの印刷会社においても、そこまで大きな違いはありません。
オンデマンド印刷ともなると、どこの印刷会社でも安くスピードのある印刷が可能になっていますので、差別化すること自体が非常に困難です。

そういったことからも、どこに発注をしたとしても大して変わりはないと考えてしまう人も少なくないと思います。
しかし、印刷会社を選ぶときには料金やスピードというだけではなく、むしろ料金やスピード以外のピントで印刷会社を選ぶことも重要になります。

一気通貫で対応できる印刷会社がおすすめです


印刷会社によっては企画は別の会社、デザインも別の会社、印刷だけ自社といったように、それぞれの工程によって異なる会社が業務を行うということも少なくありません。
それぞれの工程を別々の会社で行っているような印刷会社は、何かしらのトラブルがあった場合に一つ質問をするだけでも返答までに長い時間がかかります。

それぞれの工程において別の企業が間に入っている場合に、例えばデザインなどに急な変更があったとします。
どの工程における変更が必要なのか、確認をして実際に変更するまでには時間がかかってしまいますが、全てが一本化されている印刷会社であれば急な変更を依頼した時にでもすぐに対応してもらうことができます。
すぐにでも印刷物のデザインの変更等が必要であるにも関わらず、たらい回しにされてしまったり、対応が遅ければ納期にとても間に合わない…ということにもなってしまいます。

しかし全ての工程を同じ会社内で行っている印刷会社であれば、トラブルが起きた時はもちろんどのような対応にもスピード感があります。
いつまでに印刷物を必ず仕上げたい、という明確な納期があるのであればなおさら一気通貫で全て一つの会社で印刷が行われている印刷会社を選ぶべきです。


目的


目的に合った冊子印刷会社を選びましょう


冊子印刷を依頼する業者選びの際には、目的に合わせた印刷会社選びが重要になります。
家庭用コピー機と大差ないレベルの印刷を求めているのであれば、オンデマンド印刷がおすすめです。

ただ、家庭用コピー機と大差ないレベルの印刷なら、家庭で行えば良いのではないか、と思われるかもしれません。
オンデマンド印刷で依頼をすることで、ただ印刷するだけでなく本の形に製本してもらうことができたり、より全体的な仕上がりを綺麗にしてもらうことができます。

また300冊以上などたくさんの冊子を作ろうと思っている場合には、仕上がりが綺麗で尚且つ数が多くなればなるほどコストパフォーマンスが上がるオフセット印刷などを利用すると印刷物のクオリティーが高くなります。


途中経過を確認させてくれる印刷業者


冊子印刷を発注する場合には途中経過を必ず確認するべきです。
特に印刷物が多ければ多いほど途中経過を必ず確認して、ミスなどがないか、理想としているデザインになっているか、など細かい部分をチェックして下さい。

納得のいかないものやミスなどがあればそれだけ損失も非常に大きくなってしまいます。
場合によってはPDFファイルなどから印刷物の仕上がりを確認することもできます。
しかし、実物との違いは思いのほか大きく、PDFファイルで確認した時には納得のいく仕上がりだったにもかかわらず、実物を見ると思っていたものとは違ったということもあります。

そのようなことからも、実際に印刷したものを手にとって確認できる、要配慮してくれる印刷会社を選ぶようにしてください。


こまめに連絡が取れる印刷業者


これまでに何度も印刷業者に印刷を依頼している、と言うのであればまだしも初めて印刷を依頼するような場合にはわからないこともたくさん出てきます。
印刷業者に対して質問をしなければならないこともありますし、印刷業者から質問されることも多いです。

ここで業者の対応がどれだけ丁寧でスピーディーなのかというのは、印刷物の仕上がりや納品までの日数にとても大きく影響してきます。
分からないことがあればすぐに連絡をして疑問点を解消できる、業者側も分からないことはすぐに質問してくれる関係性をすぐに構築できる印刷業者を選ぶのが重要になります。


冊子印刷を依頼できる業者は数多くありますが、印刷のスピードや料金だけを重視するのではなく、依頼した冊子が出来上がるまでどのように対応してくれるのか、ということも重要になります。

依頼する側と依頼される側との間でデザインや仕上がりのイメージなど、様々な意見をすりあわせていかなければ良い冊子を作ることはできません。
その意見のすりあわせが難しい業者に印刷を依頼すると、イメージしていた仕上がりの冊子とは違い、後悔だらけの冊子に仕上がってしまうかもしれません。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る