冊子印刷ドットコム-HOME » 印刷・製本コラム » 学祭パンフレットのコスト削減のカギはスポンサー獲得

印刷・製本コラム

学祭パンフレットのコスト削減のカギはスポンサー獲得

スポンサー1


「限られた予算の中で、できるだけ見栄えの良いパンフレットをつくりたい」
そう思う気持ち、よく分かります。特に学園祭や文化祭など、少ない予算を切り盛りして運営する立場なら特にそうかもしれません。


もちろん、色数をフルカラーからモノクロにしたり用紙の品質を検討するなど、「物理的」に印刷コストを下げることも可能です。しかし、せっかくのイベントですから、それなりに見栄えの良いパンフレットをつくりたいというのが本音ではないでしょうか。 そんな時に、大きな力となるのが「スポンサー」の存在です。今回はスポンサー集めのコツや、学生側も企業側もWin-Winの関係が成立するために気を配るべきポイントなどをご紹介します。学生さんはもちろん、教職員の皆さんにも役立つ情報だと思いますので、ぜひ最後までお読みください!


まずはスポンサー獲得までの時系列を整理します。
できればイベント開催の6ヶ月前、少なくとも3ヶ月前から具体的に行動できるように、以下のような内容を検討しておきましょう。
.ぅ戰鵐箸粒詰廚伴支計画を立てる
▲好櫂鵐機竺容世里燭瓩離廛譽璽鷸駑舛鮑鄒
スポンサーになってもらえそうな候補をリストアップし、優先順位をつける


そして、実際の営業活動が始まります。
ヾ覿搬Δ離好吋献紂璽襪魍稜Г掘∨問日時やプレゼン内容を設定
協賛金や提供される物品・サービスの交渉を始める
6┿心覿箸叛擬阿雰戚鵑鮓鬚錣
ざ┿振發瞭金を確認する


ここまでくれば、いよいよ具体的な形にしていきます。
.僖鵐侫譽奪箸坊悩椶垢覿┿心覿箸離蹈瓦箴霾鵑覆匹慮狭討鮗集する。
広告スペースのデザインをし、協賛企業の確認を受ける。
3催告知に合わせパンフレットを配布する(当日の会場でも配布)。


これで終わりというわけではありません。
開催後、協賛企業に結果報告とお礼をすることを忘れてはいけません。また、今後の参考とするためにも収支や活動報告をまとめておくことも必要です。


このように、やるべきことは多岐にわたりますので、早めに着手してゆとりをもったスケジュールを組めるように準備しておきましょう。


では、スポンサー獲得のためにはどんなコツがあるのかをご紹介していきます。
まず、企業へのプレゼン資料では、イベントの目的や内容を明確にし、企業側のメリットを訴求する必要があります。毎年掲げられるイベントのテーマに込められた思いを簡潔な言葉で説明し、学生の成長を応援できることや、来場者への宣伝効果があることなどをアピールしましょう。過去のイベントの成功例をアピールし、安心感を抱いてもらえれば、企業側も協賛しやすくなるでしょう。


もちろんこの段階で、協賛金額に応じた広告の掲載サイズや商品配布スペースの広さなどの条件は具体的に決めておかなければいけません。


スポンサーになってもらえそうな企業をリストアップする際に、過去の協賛企業に限らず、保護者が経営に携わる企業を念頭に置くというのも1つのやり方です。言葉は悪いかもしれませんが、保護者が感じる子どもの活動を応援したい思いに「甘える」というわけです。



スポンサー2




スポンサー獲得のための営業活動には学生さん自らが携わることが必須です。熱意を持って行動し、企業の担当者の心を動かさなければいけません。また、学生さん自らがスポンサー獲得を担当することで、就職活動の観点からも次のようなメリットがあると考えることができます。


ヾ覿繁問の経験を通して、社会人とのコミュニケーション能力が養われる。
提案能力やプレゼンテーション能力が向上する。
4覿箸離法璽困鯒聴する力が培われ、ビジネスセンスが養われる。
ご覿搬Δ料觚となる担当者との人脈が築ける。
セ纏に対する責任感や前向きな姿勢を学ぶチャンスが得られる。
Υ覿噺Φ罎できる機会ともなり、就職先選びの参考になる。


このように、就職活動に必要な能力を身につける機会にもなりますので、積極的にスポンサー獲得のための営業活動に参加しましょう。


OB訪問をすることでスポンサー獲得がスムーズに運ぶというケースもあります。もちろんOBには母校に対する愛着がありますし、事前の根回しも期待できます。また、OBの経験談や仕事に対する思いを聞く機会にもなり、キャリア意識を高めるという効果も望まれます。


では、企業側にはどのようなメリットがあるのでしょうか?企業側もスポンサーとして協賛金を提供する以上、次のようなメリットを期待しているはずです。


.僖鵐侫譽奪箸悗旅告掲載によって、商品やサービスの認知度を向上できる。
⊆匆餽弩イ箜慇源抉腓亮太咾箸靴董企業イメージの向上につながる。
3慇犬箒疑Πとの接点が増え、潜在的な人材確保につながる。
ぅぅ戰鵐氾日のサンプル配布ができれば、比較的低コストで効果的なPRとなる。
地域サービスとして学校との関係強化が図れる。


このように企業側にとっても多くのメリットがありますから、学生さん側が「迷惑かな…?」とか「お邪魔じゃないかな…?」という消極的な気持ちになる必要はありません。自信を持ってアピールしていきましょう!


一方、スポンサー獲得のための営業活動の際に避けるべき点として以下のようなことも注意しておかなければいけません。
ヾ覿搬Δ離瓮螢奪箸不明瞭、あるいは不十分なものになっていないか。
可能性の高そうな企業だけにアプローチしてしまう。
D鶲道期が遅れてスケジュールがタイトになるなど企業側に負担をかけてしまう。
に問時のマナーが悪く企業側の印象を損ねてしまう。
ツ拘的な関係構築を考えず、一過性の依頼に終始してしまう。


これらはいずれも事前にクリアにしておくことが可能なものばかりです。しっかりとした準備期間を設けて、このようなネガティブな営業活動にならないように注意しましょう。


どんなに営業活動が充実したものになったとしても、実際に出来上がったパンフレットに問題があれば全て台無しになってしまいます。以下の注意点を避けるようにしましょう。
々告掲載位置は協賛金額に応じる
表2〜表4のスペースなどの目立つ場所は、やはり大きな金額を協賛した企業を掲載するのが大前提です。縁故やコネなどの関係性を優先しすぎると、今後の営業活動にも支障が生まれてしまいます。
広告デザインはイベントのテーマや雰囲気を損なわないようにする
企業側から広告画像を提供される場合もありますが、デザインを担当する学生さんはしっかりとイベント全体のコンセプトを理解して、テーマに沿ったデザインとなるように意識しましょう。
6ス臑昭劼旅告を同じページに掲載しないようにする
営業活動の計画を立てる際に、同じ業種・業態の企業への訪問を避ける、あるいは優先順位を付けるということも検討しましょう。
し悩榮睛討妨蹐蠅ないか、ロゴや写真の画質はどうか
校正はしっかりと行い、企業側への確認も怠ってはいけません。ロゴや写真に関しても、企業のホームページ画像から流用すると印刷のための解像度が不足しがちです。元データの提供を受けられるようにしておきましょう。


この他にも配布部数や掲載期間、使途を明確にし、不透明な運用が行われないように注意しましょう。楽しみながらも、常に「ビジネス」として行動する意識を欠かさないようにしておけば、このようなミスも未然に防ぐことが可能です。


冊子印刷ドットコムでは専用の「学祭印刷相談窓口」を設けています。無料のお見積りや予算のご相談はもちろん、デザインやデータ作成の方法まで、細かなことでも経験豊かなスタッフがお答えします。中綴じやくるみ綴じをはじめ、様々な形態の冊子印刷が可能ですので、皆さんが理想とするパンフレットづくりのお手伝いをさせてください!

最新記事


冊子印刷ドットコムに電話で相談する

お問い合わせフォーム


© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る