» » コンビニで冊子をつくってみる!?

印刷・製本コラム

コンビニで冊子をつくってみる!?

コンビニ

同人誌を作ったり、資料を作ったり、様々なことに印刷は使用されます。
そしてこれらのものを作るとなると、締切がありますよね。
締切はとても大切ですが、ちょっと取り掛かりが遅くなってしまい、結局印刷業者に依頼をしていると印刷が間に合わない…
そのような危機的状況において、コンビニプリントがとても役立ちます。

コンビニプリントを使用すれば仮にイベントや締め切り当日だったとしても、ギリギリで製作作業を完了させることができます。
しかしコンビニのプリンターというのはどの程度のクオリティなのか、というのはかなり気になるところだと思います。

コンビニならおすすめはセブンイレブン


コンビニプリントというのはコンビニあるプリンターを使用しますのでコンビニであればどこでも置いてあります。
しかしそれぞれ取り扱っているプリンターの種類が違いますので、コンビニによって仕上がりが異なります。
ではコンビニプリントをするのであればどこがオススメなのか気になりますよね。

同人誌など冊子の印刷を簡単にできるのはやはりセブンイレブンのプリンターです。
セブンイレブンでは富士ゼロックスのプリンターを使用しており、小冊子専用のプリント機能が付いている複合機を使用しています。
その機能が同人誌など小規模の冊子を作る上でとても役立つのです。

コピー本にうってつけ


コピー本というのは印刷所に委託をして制作した本などではなく、自宅などにあるコピー機で作った本の事を言います。
やはりプロの業者に印刷をしてもらうよりもクオリティは当然低くなりますが、手軽に作ることができますし締め切りがギリギリの状態であってもなんとか間に合うというメリットがあります。

コンビニに原稿を持っていき、プリンターでの操作の手順をご紹介します。
まずはマルチページ使用のPDFファイルを用意してください。
これらのファイルをUSBメモリーにコピーをしておいてください。
SDカードやメモリースティックなどでも問題はありません。

タッチパネルをタッチしてプリントを選びます。
普通紙プリントをタッチして規約に同意してください。
特に深く考える必要はありません。

メディアの種類で持ってきたメディアの種別をタッチして、メモリーを挿入します。
セット確認をタッチして普通プリントをタッチします。

カラーモードについては希望のものを選んでください。
小冊子であれば用紙のサイズはA4で、「2枚を1枚」はせず、両面も選択しません。

たったこれだけであとは自動的に面付けが行われ、中綴じ両面印刷がされた用紙が出力されます。
ほとんどプリンターまかせなので本当に便利です。
最後はホッチキスで止めますが、ここでとても人気があるのがホッチくるです。

コピー機2

ホッチくるって?


ホッチくるというのは15枚をまとめて留めることができ、中綴じができるホッチキスです。
通常のホッチキスとしても使用できますし、中綴じとして使用することもできます。

A4の用紙で小冊子を印刷するとサイズとしてはA5サイズに縮小されて印刷されます。
そのため単行本のようで持ち運びもしやすく、片手で手軽に読むことができます。

縮小されているので印刷のクオリティにも比較的よく、紙質もそこまで悪くはありませんので綺麗な仕上がりになります。

ホッチくる

普通のホッチキスを使ってみる


コンビニに行く時間すらない、コンビニでお金を払うのがもったいない、そのような方はもちろん自宅のプリンターを使用して冊子を作るのも良いでしょう。
またギリギリまでコストを下げるためにホッチくるなども使用せず、普通のホチキスを使うのももちろんOKです。

中綴じ製本用のホッチキスもありますが、あるもので何とかしたいと思われる方も多いでしょう。
普通のホッチキスで中綴じ製本をするためにはいくつか工夫があります。
まず基本的にはホッチキスを大きく限界まで開いて使用しますが、ここで使用するホチキスは極めて普通のよくあるタイプのものがベストです。

高機能ホッチキスなどの場合には限界まで大きく開くことができない場合があります。
普通のホッチキスとして使う場合にはちょっと使いにくいような昔ながらのホッチキスがベストです。

山折りにした背面部分に針を刺していきます。
使用するのはホッチキスの針を押し出す部分、ガチャガチャと上下する部分です。
この時フローリングの上に原稿を置いてその上からホッチキスなどを使用すると、フローリングに傷がついてしまいますので原稿の下にダンボールを敷いてください。
そして針が紙と段ボールを貫通すると綺麗に綴ることができます。

あくまでも普通のホチキスをちょっと工夫して使っているだけですので、一度にまとめてたくさんの紙を綴ることはできません。
最大でも10枚程度綴るのが限界だと思います。
分厚い紙を使用する場合にはさらに枚数は減ります。

使用するホッチキスの芯は冊子用ではありませんので、やはり強度も下がりますが、手軽に冊子を作るといううえでは一番簡単な方法です。
もしも急いでいる方、コストをかけたくない方は、この方法で冊子印刷をしてみてはどうでしょうか。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る