» » 学生の卒業旅行を楽しくする冊子を作るポイントは?

印刷・製本コラム

学生の卒業旅行を楽しくする冊子を作るポイントは?

じょしたび


学生時代の思い出の中でも、とても深い思い出になるであろう卒業旅行ですが、このご時世ですのでなかなか思い切り卒業旅行を楽しめないという方もいるかもしれません。

この学生の思い出の中でも大きな部分を占める、卒業旅行をよりよい思い出にするために、ぜひ冊子を作ってみてはどうでしょうか。
この冊子というのは、旅のしおりです。

というのも、旅のしおりを作るというのは、卒業旅行をさらに良いものにするうえで重要な3つのポイントが含まれているからです。
それでは、卒業旅行のしおりの必要性についてご紹介していきます。


旅行が準備段階で楽しくなる


旅行の楽しさ、醍醐味の1つといえばやはり計画を立てるということです。 卒業旅行は、普段遊んでいる場所、エリアとは違った場所まで足を伸ばして、なかなか行けない場所に遊びにいくことも多いと思います。
目的地を幅広く選択できるのですから、色々と話し合って決めていきたいですよね。

卒業旅行の場合、いつも遊びに行く範囲から少し足を伸ばし、普段行けないような所に行くことも多いでしょう。
どこに行くのかは旅行に行く人みんなで決めたいものですよね。
どこに行く?あそこに行く?というような会話というのはとても楽しいですし、旅行をするうえでこの計画段階すらもとても良い思い出になるものです。

行き先がしっかりとまとまったら、予定も組み込んで旅のしおりを作成していきます。
この旅のしおりもみんなで作ると楽しいです。
旅のしおりを実際に手にすると、その旅行は思い出としても、しおりという形としてもとても思い出深いものになるのではないでしょうか。

旅のしおりには、旅の中でどのようなことをするのか、どんなものを持っていくのかといったものが記載されているので、しおりを見ているだけでもワクワクしますよね。

また、旅のしおりがあるというだけでもとても気持ちが高まり、旅行にいくのが楽しみになります。
また、スケジュール管理も簡単になりますし、旅先の詳しい情報が載せてあると旅行をする時に約だります。
旅のしおりによって、一緒に旅をする人たち全員が同じ気持ちを持つことができるのもメリットの1つです。

旅行のテーマを明確にする


テーマというのは、スローガンのようなものです。
例えば、最高の時間を過ごそう!とか、最高の思い出を作ろう!といったようにどのような内容でも良いので1つテーマをしっかりと決めておくと旅行を楽しむための意識がより高まります。

また、テーマと同時にルールを決めるのもおすすめです。
女の子同士の旅行なら、彼氏と連絡とるのは禁止!とか、時間厳守必須!などのようにちょっとしたルールを決めると団結力が高まります。
このようにルールやテーマなどを決めて作った栞というのは旅行の思い出の品になるのです。
実際に卒業旅行をした後に、数年が経過した時に卒業旅行にはどこ行ったのか、どんな出来事があったのかということもしおりを見ることでより鮮明に思い出すことができます。

また、しおりと一緒に旅行で撮影をした写真も思い出として残してみてください。
そしてその時の写真をしっかりと現像しましょう。
ただのデータとしてではなく、写真として残すというのがポイントです。

旅行の写真をフォトブックにして残すというのも良いですし、旅のしおりと一緒に保管したり、旅のしおりを写真として残すというのもおすすめです。

じょしたび2

しおりに添って思い切り楽しむ


しおりを作ったら、そのしおりをもとにして積極的に楽しい旅行にしていきましょう。
旅のしおりを作ることによって、卒業旅行がとても大切な思い出になります。

卒業旅行というのは人生において何度も行けるようなものではありません。
そのため、とても大切な時間を過ごすというのを意識して、良い思い出として残すようにしてみてください。

旅行が楽しくなるためなら色々なことに積極的に参加して、旅行を自ら盛り上げていくようにしてみてください。
自分たちで旅行を盛り上げるうえで、このしおりが役立ちますので、旅行をより楽しむうえでもしおりづくりは重要になるんですよ。

ただ、しおりを作ることだけに全力で取り組むという必要はありません。
しおりはあくまでも卒業旅行をより楽しむための1つの要素に過ぎませんので、もしもしおりを作るのが大変なのであれば、無理をして作る必要はありません。

しおりを作るのが困難なのであれば、ちょっとしたメモ程度でも良いので、旅行のスケジュールなどは簡易的にでも書き出しておくようにしてください。

旅行というのはそもそもスケジュール通りにいかないということはよくありますので、スケジュール通りにいかないからこそ最低限の軸は作っておくというのがおすすめです。

軸さえある程度明確になっていれば、多少スケジュール通りにいかなくても大きくぶれてしまうことはありませんので、最初に決めていたこと、しておきたいことは最低限できるようになりますので試してみてくださいね。

最新記事


冊子印刷ドットコムに電話で相談する

お問い合わせフォーム


© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る