» » 無線綴じってどんな綴じ方なの?強みは?どんな冊子向き?

印刷・製本コラム

無線綴じってどんな綴じ方なの?強みは?どんな冊子向き?

しかかり

中綴じと無線綴じなら一体どちらを選択すれば良いのだろうかと悩んでいる型も多いのではないでしょうか。
確かに、中綴じ、無線綴じがどのように違うのか、どのような長所と短所があるのかというのはなかなかわからない部分が多いと思います。

同人誌などの印刷においてよく用いられる中綴じと無線綴じですが、それぞれの長所も短所も理解しておかなければ比較をすることはできません。
それでは無線綴じを選んだ場合にはどのようなメリットがあるのか、そもそも無線綴じというのはどのような綴じ方なのかについてご紹介していきます。


そもそも無線綴じとはどのような製本方法なの?


この無線綴じは、冊子印刷における定番中の定番です。
本文となる用紙を束ねて、綴る側を表紙に使用する用紙と製本用の接着剤で接着する製本方法になります。 針金も糸も使用しない、線の無い製本方法なので無線綴じという名前になっています。
用紙をくるむように綴じるので、くるみ製本と呼ばれることもあります。

無線綴じは、背表紙があってとても美しい直方体にすることができます。
見た目が非常にきれいで、どのような冊子においても適している製本方法です。
教材や、記念誌、文庫本など様々な冊子の製本において用いられています。

背表紙は、ページ枚数が少ない場合には背幅が薄くなってしまいますので、文字入れができなくなります。
無理をして文字入れをしても見えづらくなりますので、無線綴じのメリットを最大限に活かしたいのであればページ数が多い方が良いでしょう。

それでは、その他にもある無線綴じのメリット、デメリットについてご紹介します。

まず、ページ数の制限が極めて少ないということです。
中綴じの場合、ページ数が多くなってしまうと綴じ側がどうしてもふくらんでしまいますが、無線綴じの場合にはそれがありません。

中綴じのようにページ数の倍数が4になるという制限もないので、ページの構成も自由だというのは大きなメリットだといえます。

そして無線綴じは非常に頑丈な作りになっているので、長期的に保管したい冊子にも適しています。
中綴じよりも強度ははるかに高いので何度も読み返したい本にも無線綴じは最適です。

また、背部分に文字入れをすることができるので、本棚に並べてもとてもきれいだというのがメリットです。
本棚に並べた時になんの本なのかがすぐに分かるというのはとても魅力的なのではないでしょうか。

そして納期に余裕があります。
無線綴じというのは製本加工に手間、時間がかかります。
そのため、ページ数が少なく、必ずしも無線綴じでなくて良いのであれば無線綴じ以外の製本方法がおすすめです。

ただ、万能にみえる無線綴じですが、無線綴じにもデメリットはあります。
まずひとつはページを開いた時に根本までしっかりと見開けないということです。
接着剤を使ってくるむようにして製本しますので、ページの端には接着剤をつける部分が必要になります。

そのため、見開きでイラスト、写真などを載せたい場合には無線綴じは適していません。
また、業者に依頼した場合も自分で製本した場合も、中綴じよりも製本工程が複雑なので製本するまでに時間がかかります。

無線綴じが向いている冊子とは


無線綴じがむいている冊子は、まずページ数が多いものです。
ページ数が多い場合、中綴じでは十分な強度を維持できません。
40ページを超えるような冊子の場合には中綴じではなく無線綴じを選択するというのが理想的です。

また、背表紙の厚さは文字を入れるのであれば3ミリ以上は欲しいところです。
3ミリ以下になると、文字入れをしてもなにが書かれているのかわからないので文字入れをしても意味がないくらいです。

ただ、どうしてもページ数をこれ以上増やすことができない、でも背表紙に文字入れをしたいと思うのであれば、紙の種類を変えてみてはどうでしょうか。

紙の種類が変わるだけで、厚さも当然変わります。
紙というのは、上質紙70Kのように紙の重さを表しています。
紙1枚あたりの厚さというのは湿度などによっても変わるので、正確な数字を出すことができません。
そのため、紙の重さを厚さを表す目安として用いています。

例えば、上質紙70Kの場合、1枚あたりの厚さは0.1ミリほどになります。
コート紙の場合には、紙の繊維表面に特殊なコーティングがなされているので、上質紙と同じ厚さであっても重量が増えます。
上質紙と同じ厚さになるようにと重さまで同じにしてしまうと薄くなってしまいますので背表紙に文字入れするのは余計に難しくなってしまいますので注意しなければなりません。

このように無線綴じというのはメリットもありますし、デメリットもあります。
ただ、初めて冊子を作る、冊子への思いが強いのであればできるだけ見た目の良い、長期的に良い状態を維持できる製本方法である無線綴じを選択してみてはどうでしょうか。

むせん

最新記事


冊子印刷ドットコムに電話で相談する

お問い合わせフォーム


© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る