» » 毎日の料理を無線綴じで冊子に!レシピ本の楽しい作り方

印刷・製本コラム

毎日の料理を無線綴じで冊子に!レシピ本の楽しい作り方

ryouri

普段、どのくらい料理をしていますか?
家族のために毎日料理をしている人も多いでしょうし、たまにしか料理をしない、得意料理がある人もない人も様々だと思います。

近年では、いろいろな調理グッズ、料理の種類もとても多いですので、料理をする人にとっては楽しみが増えて嬉しいですよね。
ジャンルによって、食事のシーンによってなど検索できるレシピサイトやレシピ本も数多くあります。
簡単に作り方を調べることができます。

作ってみて気に入ったレシピがあれば、そのレシピを忘れてしまわないようにレシピを保存しておくのも良いですが、気に入った料理はレシピノートとしてストックしてみるのはどうでしょうか。 スマートフォンアプリ、パソコンを使ったデジタル管理などを利用している人も多いですが、レシピノートを使っている方もとても多いです。
自分だけのレシピノートというのは、新しく書き足すのも楽しいですし、どんどん得意なレシピがレシピノートに増えてくるのが嬉しくなるものです。
本格的にレシピノートを作ってみませんか?

切り抜きを上手に活用する


自分が好きなレシピノートにするために、できるだけ見やすく、わかりやすい内容にするというのがとても重要になります。
料理というのは美味しいのも重要ですが、忙しい時間の中でできるだけわかりやすく読みやすい内容にするというのが重要になります。

にも関わらずレシピを見つけ出すまでに長い時間がかかってしまうというのはとても時間がもったいないですので、一度気に入ったレシピは自分の手作りのレシピノートに貼り付けておくというのがおすすめです。

使っているノートの大きさに合うようにサイズを調整して貼り付けるようにしてみてください。
どのレシピにおいてもすべてが一定の大きさに統一されていると読みやすさが格段に上がりますし、気にいるレシピ本作りの重要なポイントになります。
見つけやすくて読みやすい内容にできるのかどうかがとても重要です。

写真やイラストは必須?



しょくざい

レシピは文章だけではなくイラスト、写真があればもちろん良いです。
本やインターネット上におけるレシピの大半は、初めてそのレシピに挑戦する人のために調理の家庭、完成した状態を写真などもともに掲載していることが多いです。
初めて作る人にとってはやはり写真やイラストがあった方が良いとは思いますが、一度作って気に入った料理なのであれば写真やイラストがなくても全く問題ないと思います。

また、写真やイラストを一度印刷、コピーをして貼り付けるというのは面倒だと思いますので、自分のオリジナルレシピノート、レシピ本を作るのであれば必ずしも必須ではありません。
材料、作り方の大まかな流れを文章で記載しておくだけでもシンプルで使いやすいのであれば文章だけでも全く問題ありません。
一度コピーしたイラストや写真を貼り付けると、1ページあたりのボリュームが大きくなってしまいますので、ノートがかさばらないようにしたいのであれば写真やイラストを貼り付けないレシピノートもおすすめです。

レシピノート作りを楽しむ


レシピノートを自分だけで使用するのはもちろんですし、誰かに見せることもあるかもしれません。
そのような場合には自分で見るうえではわかりやすいものの、他の人が見た時には読みにくいということもあるかもしれませんし、なんとなく可愛さが足りなくて味気ない…ということもあるでしょう。
そのような時にはちょっとだけレシピノートを読みやすくて可愛さのあるものにしてみたいと思いませんか?
そこでおすすめなのがマスキングテープです。

マスキングテープというのは色々な場面で活用できる装飾用のテープなのですが、好きなところに好きな長さにカットして使用することができます。
そして剥がしやすいというのもメリットの1つです。
セロハンテープよりもデザイン性に優れていますので、レシピノートの見た目を可愛らしくするうえでもとてもおすすめです。

マスキングテープだけではなく蛍光ペンなどを使うのもおすすめです。
マスキングテープのように貼るだけで簡単に装飾できるというわけではありませんが、重要な部分を簡単に強調することができますのでおすすめですよ。

装飾だけではなく、どのようなノートを使うのかというのも重要になります。
自分がどのような場面でどのくらいの頻度で使用するのかというのも考慮しておく必要があります。

そのうえでノートの質そのものにもこだわってみてはどうでしょうか。
レシピノートというのは何度も頻繁に使用すると同時に、水がついたり、油がついてしまうこともあると思います。
そのため、料理をしながら読むことの多いレシピノートですので、できるだけカバーをつけられるものにした方が良いでしょう。

無線綴じで表紙をつけて本格的なレシピノートにすると、家庭内で子供へ、孫へと受け継がれていっても耐久性が高いので長期的に使い続けることができますよ。

最新記事


冊子印刷ドットコムに電話で相談する

お問い合わせフォーム


© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る