» » ポートフォリオの作り方は中綴じでとっても簡単!ポイントを押さえたポートフォリオって?

印刷・製本コラム

ポートフォリオの作り方は中綴じでとっても簡単!ポイントを押さえたポートフォリオって?

面談

ポートフォリオというのはこれまでに自分がしてきた仕事はもちろん、どのようなデザインをしてきたのかと言ったようにこれまでの自分の作品を一つの冊子や資料としてまとめたものを指します。

一般的な就職、転職においてだけではなく、デザイナーやイラストレーターなどのようにデザインを武器に仕事をするような職種においてはポートフォリオが必須になります。
就職や転職をしようと思っている企業に向けて、自分の強みは一体何なのか、どのような実績があるのかを明確に伝えるために欠かせません。

企業はポートフォリオをみて、その人の基本的な実力を見極めるのです。
では、より自分のことを正確に、そしてより魅力的に伝えるためにはどのようなポートフォリオを作成すれば良いのか、そのポイントについていくつかご紹介していきたいと思います。


ポートフォリオを作る時の最初の一歩


ポートフォリオにはいくつか種類がありますが大きく分けると紙媒体とWEB媒体の二つがあります。
WEB媒体でポートフォリオを作る場合にはプログラミングもできるので紙媒体では表現できない複雑な表現も可能になります。 WEB媒体はネット環境が整っていればどこでも見ることができますがドメイン設定をしておかなければなりません。
WEB媒体は直接会わなくても自分の作品やスキルを見てもらうことができますのでとても便利でありなおかつ現代の需要に適しています。

WEB媒体の一つとして電子メールでポートフォリオをやり取りすることも可能です。
PDFでポートフォリオを準備しておくとメールで簡単に送ることができますがデータが重すぎる場合には相手が見ようと思ってもなかなかすぐに見ることができなかったりファイルを開くのに時間がかかってしまいます。

そうなるとポートフォリオを見ること自体が面倒になってしまう可能性もありますので相手に良い印象を与えることができなくなります。

紙媒体でポートフォリオを作る場合には面接官に直接ポートフォリオを渡して口頭でポートフォリオの内容を説明することが多くなりますので、しっかりと伝えられるように準備しておくようにしてください。

紙媒体のポートフォリオは、作成した用紙を中綴じなどで簡易的に冊子にしておくと、相手も見やすいですし、見た目もとてもきれいになります。
また、紙媒体のポートフォリオはどのような材質の紙を使用するのか、どのぐらいのサイズにするのかといったことから決めていかなければなりません。

クリアファイルを使用するのが一番手軽ですが、やはり中綴じなどで冊子にすることでオリジナリティのある、見た目もしっかりとしたポートフォリオを作ることができます。

ポートフォリオでなにを作ればいい?


ポートフォリオを作るうえで、明確に決まりはありませんが、少なくとも自己紹介と自分がこれまでに作ってきた作品についてはしっかりと触れておくようにしましょう。
最低限の情報を記載したら、あとはこれまでの経験、得意としている分野、これからどのようなことに挑戦したいと思っているのかなどを記載しておくと、わかりやすいでしょう。

自己紹介は、ポートフォリオを作った人がどのような人なのか、その人物像を明確にします。自己紹介のページなんてと思われるかもしれませんが、自己紹介ページもとても立派な作品の一部です。

自己紹介は履歴書と同じように氏名や年齢、顔写真やスキルなどを記載して、自分がどのようなクリエイターになりたいのかなども書いておくとより自己紹介としての意味があるポートフォリオになります。

そしてポートフォリオにおいて最も重要なのが作品の紹介です。
ポートフォリオは作品を載せているからこそのものですので見やすくできるだけ綺麗な画像などを使って作品に関する情報を説明していきましょう。

打ち合わせ


ポートフォリオの場合、ページ数などに特に制限はありませんのでページ数にこだわる必要はありません。
ただし見やすさという点においては一つのページにたくさんの作品を載せてしまうと見にくくなってしまいますので、1ページあたり1作品から2作品程度に抑えておくのをおすすめします。

どれだけ良い作品でも、見にくい配置になっているとその良さを伝えることができません。
この作品をもとに、自分が将来どのような方向に向いたいと思っているのかを明確にしましょう。

将来の方向性が明確いなっていることで、会社にとっても積極的に採用するのかどうかが変わってきます。
将来の方向性に沿った作品、自分が最も自信のある作品を載せるようにすることが重要です。

ポートフォリオは紙媒体?WEB媒体?


ポートフォリオは紙媒体にするか、それともWEB媒体にするのか迷うかもしれませんが、理想的なのは両方です。
用途が異なりますし、企業もまた求めている形式は異なりますので、両方を準備しておくと安心です。

紙媒体の場合には中綴じなどで問題ありませんので、簡単にでも冊子にしておくことをおすすめします。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る