» » パンフレット印刷

印刷・製本コラム

パンフレット印刷

パンフレット印刷のポイントは?より良い仕上がりにするために


自社商品の紹介やサービスの説明、そしてイベント時の集客に役立つものといえば、やはりパンフレットやリーフレットです。
パンフレットやリーフレットを顧客に対して届ける方法は様々あります。

街頭で配布するのも良いですし、店舗などに設置して見てもらうというのも良いでしょう。
このパンフレットやリーフレットにおいて最も重要なことは、商品やサービスに対してどれだけ興味を持ってもらえるかです。


商品やサービスにパンフレットやリーフレットのデザインは、商品やサービスへ興味を持ってもらうためにとても重要です。
目立たない、読みにくいパンフレットやリーフレットは、そのまま捨てられてしまうかもしれません。


今回は効果的なパンフレットやリーフレットを作成するためのポイントをご紹介します。


パンフレットとリーフレットの違い

企業の商品を紹介したり、サービス内容を案内する時には、パンフレットを印刷すべきかリーフレットを印刷すべきか迷うものです。


このパンフレットとリーフレットは同じに見えて実は違いがあります。
まずページ数の違いです。


リーフレットというのは、ページ数が何枚もあるわけではなく、1枚の紙で作られています。
1枚の大きな紙を折ることで作られています。
一方で、パンフレットは1枚の紙で印刷する場合もあれば複数枚の紙を使用して印刷し綴じて作られることもあります。


印刷する枚数の違いによる情報量の違い

印刷する枚数が違いますので、情報量にも大きな違いがあります。
複数枚の紙を使用して印刷するパンフレットは、ページ数を増やせば情報量も増やすことができます。
しかし、リーフレットに関しては1枚の紙を印刷して作られているので、記載できる情報量自体はそこまで多くありません。


もしも製品の紹介をするとしても、リーフレットの場合には1つの製品を紹介する程度のボリュームしか確保できませんが、パンフレットであれば複数の製品を紹介できます。
もちろん、リーフレットでも紙を大きくして印刷すれば、情報量を増やせますが、紙が大きくなり過ぎたり文字数が多くなり過ぎると読みにくくなってしまいます。


パンフレットとカタログの違いは?

パンフレットとリーフレットの違いは比較的分かりやすいのですが、パンフレットとカタログにはどのような違いあがるのでしょうか。


複数枚の紙を使用して印刷することは同じですが、パンフレットとカタログとではどのような目的で印刷するのかが全く違います。


商品やサービスを紹介するのには違いありませんが、パンフレットは製品の紹介やサービスの紹介をするために印刷します。
しかし、カタログは製品の紹介をパンフレットよりもさらに細かく紹介し、場合によってはその製品の購入や注文書などを同封することもあります。


パンフレットの印刷のポイント

パンフレットの印刷の際には、まずはなにを伝えたいのか、目的を決めます。
目的を明確にすることによって、どのような内容を盛り込めば良いのかも明確になっていきます。


そして、その中から特に伝えたいものをピックアップしていきます。
絶対に欠かせないポイントがなにかを整理したうえで、必要のないものは排除していきます。
どのような人に読んでほしいのかによって、掲載すべき情報は全く違ってくるものです。


パンフレット印刷は一人で決めない

パンフレットの企画から印刷までは、仮に担当者が一人だとしても、複数人で作業をするのがおすすめです。
一人よりも複数人の意見を取り入れることで、製品やサービスの内容をより的確に捉えて、より良いものを印刷できます。


パンフレットを印刷する素材は?

パンフレットの印刷までに、どのようなレイアウトにするのかなどが明確になったら、今度はパンフレットの仕様を決めていきます。
どのくらいの部数を印刷するのか、どこに設置するパンフレットなのかを考慮したうえで、紙質やサイズにページ数などを決めていきます。


文字の割合とイラストなどの割合も決めて、そのうえでそれらに最適な素材を決めていきます。
そしていよいよパンフレットの印刷まで大詰めです。


仕様、素材などが決まったら、実際にどのように文字やイラストをページ割りしていくのか決めてください。
印刷した時に、どこに文字があって、どこにイラストがあると読みやすいのかを決めます。
実際に印刷してしまってからでは修正できないので、実際のページ数の紙に殴り書きのようにしてページ割していきます。
何度でも書き直しができるように鉛筆などを使用するのがおすすめです。


実際のパンフレットに使用する紙の大きさ、枚数でページ割りをすると、パンフレットのページ割をしやすくできたり、印刷した時の仕上がり具合が大きく違ってきます。


パンフレットはいかにインパクトがあり、読みやすいものであるのかが重要ですので、実際のイラストや文字の位置だけでなく表紙や見出しなど細部までチェックしておくことは重要です。


パンフレットなんてただ印刷すれば良い!というものではありません。
細かい部分まで入念に計画を立てて作り上げることで、印刷時の仕上がりは全く違ってきますよ。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る