» » オンデマンド印刷って?オフセット印刷とどんな違いがあるの?

印刷・製本コラム

オンデマンド印刷って?オフセット印刷とどんな違いがあるの?

オンデ


オンデマンド印刷というのは、高細密のトナーを使用したレーザープリンタのことです。
カラーダイレクト印刷とも呼ばれており、要求があった時にピンポイントでサービスを提供する方式になります。
従来のように版を使用しません。

パソコンからデータを直接プリンタに送って印刷します。
版の作成が必要ありませんし、デジタルデータを直接出力していますので、1箱単位でのカラー印刷はもちろん、小ロットの場合には単価がとても安くなります。
短納期で制作が可能になりますし、納品までがとてもスピーディです。

オンデマンド印刷のメリット・デメリット



オンデマンド印刷のメリットは、小ロットでの印刷はもちろん、種類の多い印刷物に対してとても適しています。
スピーディな対応が可能になりますので、スピード印刷を実現することができます。
1000枚以上クラスの印刷となるとオフセット印刷の方が安上がりになることが多いです。

オンデマンド印刷は製版する必要がありませんので、少部数の印刷でもコストを最小限に抑えつつ印刷できます。
在庫を抱えるリスクもありませんし、必要な時に必要なだけ印刷できるのはオンデマンド印刷最大のメリットです。

また、オンデマンド印刷は製版の時間はもちろんインクを乾燥させる必要もありませんので、短納期で納品できます。
納期までに時間がない時には、オンデマンド印刷の利用がおすすめです。

ただ、オンデマンド印刷は、印刷枚数が増えれば増えるほどコストがかかりますし、オフセット印刷に比較をするとモアレという印刷の乱れが出る可能性が高くなります。
点描を重ねるようなデザインを制作する時には注意しなければなりません。

オンデマンド印刷のデメリットは、色が毎回安定するわけではないということです。
気温、湿度などによって多少影響が出ます。

広面積なベタ、アミカケといったものがあるとどうしてもムラが出やすくなります。
台紙の場合にはあらべ−つ、ケナフといったものが影響を受けやすくなります。

ベタの印刷の際はOKマットポスト、ミラーコートといったものを使用した台紙をおすすめします。
また、CMYKのインクトナーでフルカラーを生み出していますので、特色での印刷はできないのもデメリットだといえます。

上下左右2mmほどですがズレが出やすいですので、デザインの細かいものの再現にはあまり向いていません。
プリンターを使用するので紙の種類や厚さにも若干ですが、制限が出てしまいます。

しかし、最近はオンデマンド印刷の技術そのものも進歩してきていますので、オフセット印刷と比較をしても大きな違いはないくらいのレベルになっています。

RYOBI

オンデマンド印刷の意味と種類


オンデマンドは必要な時に必要な枚数を印刷するという考え方のもので、小ロット、短納期での要望に対応できるサービスとなっています。

トナー方式は、マイナスの電荷を与えた感光体ドラムに対して、レーザー、LEDを照射します。
そして画線部分をプラスに逆転させることでトナーを吸着させ、色となります。
感光体ドラム上のトナーが用紙と違うタイミングでとても強いプラスの電荷をかけ転写させるのです。
そこに高温で用紙を圧着させるとトナーがじんわりと解けて用紙に定着してくれます。

インクジェト方式は、印刷機に内蔵されているインクをノズルから紙の上にふきつけ、印刷します。
インクの噴射の方式によってピエゾ方式とサーマル方式に分かれるのですが、ピエゾ方式は電圧をかけると変形する圧電素子に対して電圧を加えてインクを噴射させています。

サーマル方式は加熱によって気泡を発生させ、加圧してからインクを噴射しています。


オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い


オフセット印刷とオンデマンド印刷において最も大きな違いは、印刷に版を使用しているのかどうかです。
オフセット印刷というのは版を使用している印刷方法で、付けて離すという意味からオフセットと呼ばれています。

オフセット印刷は版のイメージをそのまま転写するわけではなく、一度版に塗られているインクをブラケットに転写をしてからオフセット印刷は書籍を印刷するのはもちろん、商業印刷など幅広く用いられる印刷方法です。

オンデマンド印刷は前述したように、インクジェット方式などを利用している高速デジタル印刷機を使用した印刷方法になります。
製版しなくて良いので、作業工程が大幅に短縮されて、短期間で納品できます。

オフセット印刷のメリットは版を使用して印刷しますので、大量印刷する場合はコストを抑えることができます。
そして一度版を作れば破損しなければ何度でも繰り返し使用できますので、一定の品質の製品を何度でも作れます。
大量の印刷が必要な時にはオフセット印刷がおすすめです。
仕上がりも非常に高品質になります。

ただ、少部数での印刷の場合には版を作るだけにコストが割高になってしまいます。
時間もかかりますし、インクを乾燥させなければならないので仕上がりまでに時間がかかってしまいます。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る