» » 平綴じなどの小冊子って?どうして人気があるの?

印刷・製本コラム

平綴じなどの小冊子って?どうして人気があるの?

本いっぱい

平綴じをはじめ中綴じなど小冊子というのは、商品のサービスやその機能などを説明するうえで使用するパンフレット、そして飲食店におけるメニューなどに使用されることが多いです。
さらに詩集、俳句集、文集など様々な目的で使用されるのがこの平綴じなどの小冊子です。
営業先や販売先においてはもちろん、イベントなどでも小冊子を受け取ったことがある方もとても多いのではないでしょうか。

しかし、小冊子とはいっても表紙、綴じ方には色々な種類があります。
平綴じをはじめ小冊子印刷の種類、どのように活用するのかをご紹介していきます。


小冊子印刷ってなに?


そもそも、小冊子というのはどのようなものなのでしょうか。
ユネスコにおける国際的な基準では、小冊子というのは、5ページから48ページのボリュームで、定期的にではなく不定期に発行されている冊子のことを指します。
そこまで難しく考えるのではなく、複数枚の用紙を綴じて製本しているページ数の少ないもののことを小冊子と呼ぶことが多いです。

この小冊子のメリットについてご紹介します。
小冊子印刷というのは、1枚もののチラシなどに比べると、画像、文字といった情報をより多く掲載することができます。
イラストや写真などのようなビジュアルが重要になるもの、掲載する情報がとても多い場合には、チラシに全ての情報を掲載するよりも、紙面の多い小冊子の方がきれいにまとまります。
また、ページ数が分かれていますので、1つの冊子で複数の異なる情報を掲載するような場合にもごちゃごちゃとした印象になりません。
とてもわかりやすく情報を掲載できるようになります。

わかりやすく伝えることができれば、読み手にとってもとても魅力的なツールになるといえます。
このようにページを開いた時にはバラバラになってしまわないように、綴じ加工が施されているものが小冊子印刷です。
どのように見開き部分を綴じて冊子にすれば良いのでしょうか。

小冊子のとじ方の種類は?


小冊子印刷にはどのような種類、特徴があるものなのでしょうか。
小冊子印刷の綴じ方、種類は様々あります。

代表的なものとして平綴じ、中綴じ、無線とじなどがあります。
平綴じは、よくある文集などのように紙を束ねて冊子状に綴じます。
中綴じの場合には、見開きの状態の紙を重ね合わせて、2つ折りにします。
そして針金で見開き部分を綴じていきます。

小冊子

2つ折りされた複数枚の用紙を中心で綴る冊子で、薄めの用紙でページ数もあまり多くない小冊子に最適です。
中綴じは、雑誌などにも使用されている製本方法です。
特徴はレイアウトが見開きなので行いやすいですし、ページが開きやすいのです。

無線綴じは針金や糸を使用するのではなく、接着剤を使用して背面を綴じ、表紙で包みます。本文の厚みに応じた幅での背表紙ができます。

この無線綴じはページ数の多い小冊子作成にも適しています。
ページ数が少ない場合には、背部分の糊付けができる面積は少なくなります。
強度が弱くなってしまうからです。

無線綴じで一般的なものとして、漫画、コミック本といったものがあります。
テキスト、問題週などといった作成においても無線とじがおすすめです。

無線綴じは中綴じとは異なり、中央部分まで全てを開くことができません。
ページ数が多くなればなるほど、綴じた部分は見えにくくなりますので、データ作成時には本文内の文字、イラスト、図などの見え方を考慮しなければなりません。

PUR綴じは、無線とじの一種になります。
PUR系ホットメルト接着剤という特殊な接着剤を使用した製本方法になります。

PUR系ホットメルト接着剤というのは、製本のりとして一般的とされているEVA系ホットメルト接着剤に比較すると非常に強度の高い接着力があります。

糊が一度固まってしまうと、非常に高い耐久性があり、耐熱、耐寒性に優れていますので、熱が加わったとしても軟化することもありません。

さらに接着剤の分離や除去がとても簡単でリサイクル性が高いのもPUR綴じ冊子におけるとても大きな特徴だといえます。

PUR綴じは長期的に保管したいと思っている本、レイアウトが見開きになっている印刷物において使用されることが多いです。
強度が高いですので、ページ数の多い図録や写真集、写真集や手帳などにおすすめです。

このように小冊子を作成するとはいっても、綴じ方には色々な種類があります。
さらに、冊子の内容によって綴じる方向も違ってきます。
縦書きの内容であったり、右方向にページを開いていく冊子、横書きにしたい時などには左方向にページを開いていきます。

このように冊子によってそれぞれ読み方も違えば、読みやすさも違ってきますので、ページ数、冊子のイメージ、利用シーンに応じて最も適している小冊子のとじ方を選択するというのがとても重要になってきます。

冊子を作成するのであれば、平綴じにするのか中綴じにするのかといってように、綴じ方をしっかりと考慮しておくようにしてくださいね。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る