» » 平綴じが選ばれるのはどんな時?そもそも上製本と並製本ってなんなの?

印刷・製本コラム

平綴じが選ばれるのはどんな時?そもそも上製本と並製本ってなんなの?

まがじん

平綴じというのは並製本に分類されるものです。
この並製本というのは、製本方法で分類された時の大きなくくりの1つです。

製本方法には、上製本、並製本という2つの種類があるのです。
上製本というのは書店に並んでいる小説の単行本、絵本、などのように、ハードカバーで作られているものです。
厚紙を使用したとても固い表紙がついているので、とてもわかりやすいです。

厚紙は布や革によってくるまれており、その上からさらに紙カバーが使用されていることが大半です。
並製本に比べると、圧倒的に高級感のある仕様となっています。

もちろん、それだけコストも納期もかかってしまいます。
しかし、その分高級感がありますし、長期的に保管するうえで最適です。
自伝やアルバムといってなにかの記念のために作られる冊子において仕様される製本方法となります。

並製本


並製本というのは、上製本よりも高級感はありません。
本文を表紙の紙で包んでいる非常にシンプルな作りになります。
コストをかなり抑えることができますし、納期も短いのが特徴になります。

文庫本や雑誌など様々な書籍がこの並製本によって作られています。
簡易的なものもありますし、並製本の中でもしっかりとしたつくりになっているものもあります。

ほん

中綴じ、平綴じ、無線とじ、あじろとじのように色々な背の綴じ方があります。

中綴じと平綴じというのはよく仕様される製本方法です。
この中綴じと平綴じの違いについてご紹介します。

これはどちらもホチキスを使用して本文を綴じます。
会議の資料やパンフレットなど簡易的に作る冊子においても仕様される製本方法になるのです。

中綴じ中綴じは紙を二つ折りにします。
そしてその真中部分をホチキスで留めます。

パンフレット、学会誌などにおいても仕様される製本方法となります。
中綴じは、本のノドいっぱいまで開くことができますので、見開きのデザインにこだわるのであれば、この製本方法がおすすめです。
しかし、ページ数が増えると綴る側がふくらみますので、外側のページが見づらくなってしまいますので、ページ数を奥するのであれば中綴じはむいていません。

また、紙を二つ折りにして綴じていきますので、ページ数はどうしても4の倍数になります。
原稿を作成する段階で、ページの割り振りには注意しておかなければなりません。


平綴じ


平綴じというのは、背の近くを表側から綴じて裏側に抜けます。
最も簡易的な綴じ方として知られており、ページ数が少ないものであればとても簡単に作ることができます。
綴じしろの分だけどうしてもスペースが狭くなってしまいますので、ノドギリギリまでは開くことができません。
そのため、見開きのデザインにこだわっている冊子には適していません。

学会誌や会議の資料などといった簡易的な冊子をつくるのに最適です。
このように、同じホチキス留めでも綴じ方は違いますし、見た目も大きく変わってきます。
どちらも安価で製本できますし、納期もかなり早くできるのですが、用途に合わせて最も適した方法を選ぶことができます。


平綴じはパンフレットにも使える


パンフレットというのは、仮綴じされた小冊子のことです。
装丁や製本されているわけではありませんし、ブックカバーすらもついていない状態です。

用途や内容次第で、商品パンフレットとよばれたり、企業案内と呼ばれることもあります。
パンフレットの定義というのは、表紙を除くと、5ページから最大で50ページ程度のものです。
ただ、そこまで多くのページ数になることはありません。
大体が20ページ前後のものをパンフレットと呼ばれます。

パンフレットというのは作り方次第で見た目の印象も変わりますが、とても作りやすくなおかつとても役立つ冊子です。
パンフレットがあるだけでも、商品や企業について説明する時にとても役立ちます。
見た目の印象も全く違ってきますので、パンフレットを準備する企業はとても多いです。

ブックレット


パンフレットと似たものですが、パンフレットに比べるとブックレットというのはページ数が多いです。
まるで本のように編集して作られます。
記事などを1つにまとめた冊子のことを指します。
わかりやすくいえば、パンフレット、本の間に位置するものになります。

一般的に、原稿用紙が50枚から200枚前後の文章量のものになります。
パンフレットは2枚以上の髪を仕様しての小冊子となっているものですが、これ以上のページ数になる場合にはブックレットと呼ばれます。

ムックというのは、ムック本とも呼ばれるのですが、雑誌よりもページ数が多く、本よりもページ数が少ないものになります。
編集方法の違いによって出版されている単行本を指し、雑誌の別冊として仕様されることが多いです。
簡易的ではありますが、しっかりと本のような作りになっています。

このように冊子というのは並製本、上製本に分類され、その中でも平綴じはとても手軽な製本方法として人気があるんですよ。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る