» » くるみ製本が人気の理由はなに?製本方法によるレイアウトのポイントもチェック

印刷・製本コラム

くるみ製本が人気の理由はなに?製本方法によるレイアウトのポイントもチェック

紙の束

くるみ製本というのは、製本方法の中でも需要の高いものです。
では、どうしてくるみ製本は数ある製本方法の中でも人気があるのでしょうか。

くるみ製本ってそもそもどんな製本方法?


くるみ製本は、本文の背の部分を高温の接着剤を使用して綴じます。
そして表紙でくるくるとくるんで固定する製本方法です。
このくるむ行程から、くるみ製本と呼ばれています。

また、無線とじとも呼ばれるのですが、これは、ホチキス等を使用せずに綴じるためです。
文庫本をはじめ、雑誌、カタログなど様々な冊子に幅広く使用されています。
紙の端部分にしか接着剤が使用されていません。
そのため、強度が低いのではないかと思われるかもしれませんが、特殊な加工がなされているので大丈夫です。

これは、背面部分に切り込みを入れて溝を作ります。
この溝を入れる加工が施されているために、接着部分が広くなり、強度がアップします。
耐久性も高いので本が長持ちいますよ。

この背に溝を入れる加工のことをガリと呼ぶのですが、背部分に切り込みを入れることで接着剤が入り込みます。
さらに、ミーリングと呼ばれる技法も使用されます。
印刷してから背面をきれいに切りそろえることですべてのページに接着剤が付着するようになっています。

小口??

このようにしっかりと糊をつけた本文に対して表紙の紙を巻き付けていきます。
専用の機械を使用して、圧力をかけて揃えてから接着剤が乾くまで固定しますので強度は十分です。

くるみ製本のメリットやデメリットって?


くるみ製本のメリットは、背表紙があることです。
中綴じ、平綴じといったものは、背表紙がありませんが、くるみ製本は背表紙があります。
背表紙があるということは、タイトルを入れたり、デザイン性を高めることもできます。
背表紙があるのかどうかは、見た目の高級感が大きく違ってきますよ。

また、くるんでいる文、ページ数が多くてもきれいに綴じることができます。
中綴じや平綴じといったものは、ホチキスで留めるので、ページ数が多いものは作れないのですが、くるみ製本の場合には100ページを超える冊子の場合にもしっかりと製本可能です。

ページ数が増えればそれだけ背幅が広くなります。
背幅が狭ければ文字しか入れられないものでも、背幅が広くなればイラストを入れるなど楽しむことができます。

次にデメリットです。
くるみ製本は、見開きデザインの本や冊子を作る時には向いていません。
製本の構造上、ノドが数ミリ隠れてしまいますので、ページ中央部分をギリギリまで開く、というのができないのです。

イラスト、写真など見開きでのデザイン性を重視しているような冊子には、くるみ製本はむいていません。
また、ページ数が少ない冊子にはむいていません。

ページ数の少ない冊子は、どうしても接着剤が付着する面積が小さくなりますので、くるみ製本は向いていません。
くるみ製本はカタログ、論文、教材、情報誌、雑誌といったものに向いています。
とても丈夫で、長期的に保管することができますので、記念に作る冊子にも向いていますよ。
中綴じなどは自分で作ることも可能ですが、くるみ製本の場合には個人で作成するというのはなかなか難しいですので、専門業者に依頼するというのが一般的です。


製本方法によってレイアウトで意識することは?


針金や糸などを使用せずに、接着剤を使用して本文、表紙を固定するくるみ製本は背の部分の糊を浸透させますので、背の部分はもちろん、それぞれのページもくっつきます。
そして強度を高めているのですが、その分ページがどうしても開きづらくなってしまいます。
本を見開いた状態でもノド部分は隠れてしまいます。
並製本で紙面レイアウトをする時にはノド側につくる余白、見開きで2つのページにまたがる部分をしっかりと考慮しておかなければなりません。

中綴じ製本は、表紙と本文をそれぞれのページごとに重ねていって、背面部分を針金を使用して冊子にします。
ページが少ない本に対して使用される綴じ方なのですが、300ページ以上の冊子にも使用されます。
とても行程がシンプルですので、コストをおさえつつ、短期間で製本化することができます。
中綴じ製本で紙面レイアウトをする時には、くるみ製本のように接着剤で綴じる方法ではありません。
そのため、ノド部分を意識せずに見開き部分を自由にレイアウトできます。
ただ、外側のページ、そして内側のページで仕上がった時にサイズ感が少しズレてしまうこともあります。

小口側にレイアウトするのが一般的なページ、インデックスなどをはじめ、仕上がりサイズがある程度ズレてしまうということを考慮してレイアウトを作成し、本のサイズを調整しなければなりません。


このようにくるみ製本はコストを抑えつつ、なおかつ強度が高く、背表紙にも文字やイラストを入れることができるというのが人気の理由ですが、デメリットもありますのでその点について十分に確認しておくようにしてください。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る