» » ポートフォリオってなに?どう作れば良いの?

印刷・製本コラム

ポートフォリオってなに?どう作れば良いの?

ポートフォリオ

ポートフォリオというのは自分のこれまでの履歴、能力といったものを周囲の人に伝えるために制作する作品集になります。
就職の面接、クライアントに対しての売り込みとして作成することが大半で、自分がどのような技術、能力を持っていて、何ができるのかをアピールするえでとても重要なツールです。

ただ、過去に自分が制作した作品などをただ並べるだけでは、ポートフォリオとしての役割を果たすことができません。
ポートフォリオは、あなたの作品をすべてまとめている器であると同時に、1つの完成した作品として自信を映し出す鏡でもあります。

ポートフォリオは1冊の本、映画と同じようなもので、読んでいる人をはじめから最後までエスコートしていかなければなりません。
つまり構成や規格がとても重要であるということです。


自分を効果的にアピールする


相手に自分を売り込むうえでとても効果的なポートフォリオですが、まさしく自分広告です。

ただ、ポートフォリオを一生懸命につくったとしても、他のポートフォリオの中で目立つことなく埋もれてしまっているとまったく意味がありません。

自分のアピールポイントがしっかりと伝わりやすい表現の方法を考えたうえで、面接において相手の印象に少しでも残る企画、構成を立てるようにしてください。

面接時にポートフォリオを採用の担当者に見せる時には、作品、ポートフォリオのクオリティはもちろん、本人にどのくらいのプレゼン能力があるのかも見られます。

ポートフォリオがどれだけ良いものであっても、プレゼンの場において、全てを伝えることができていなければ台無しです。
制作した作品のコンセプト、どうして制作したのか、などの考えやこだわりのポイントはポートフォリオにおいて極めて重要なポイントになります。

ポートフォリオはあくまでも相手に見せるためのものであり、ポートフォリオの意図が正しく伝わっているのかどうかは、自分1人では判断できないこともあります。
相手に見せるためのものであるということを考慮しても、やはり第三者に見てもらうというのが重要です。


採用試験における武器になるポートフォリオ


クリエイティブの業界においては、採用試験はポートフォリオが必須であり、そのでき次第で採用か不採用かが決まることもあります。
当日の実技試験よりも重要視されることもあるくらいです。
ポートフォリオを見る目が厳しいということでもあるのです。

実際にポートフォリオを作る場合には、過去の作品を客観的に見るというのがとても重要です。
その上で作品の収集、整理、分類します。
制作当時には作ることばかりに必死で、その作品の良さを客観的に見つけられないものです。
その点、ポートフォリオを制作する家庭で作品を客観的に見て、もう一度しっかりと見つめ直すことができます。

面接

伝わるポートフォリオの条件


ポートフォリオで伝えるべきことというのは、自分の才能や能力、そして個性だけではないのです。
ポートフォリオには情報整理力、ワークスピード、論理的説明力、情報伝達力などです。

情報整理力というのは、個別の収録作品と同じようにポートフォリオ全体を作品であると考えた時の完成度です。

収録作品をどのようにカテゴライズするのか、視線誘導をどの程度行い、レイアウトするのかといった全体のスムーズな流れと情報の演出や処理を確認します。

ワークスピードは、仕事の早さも評価の対象となるものです。
ポートフォリオの収録作品というのは選りすぐりのものばかりのはずです。
そのため、仕上がりがきれいなのはもちろん当然です。
ただその作品がどのくらいの期間で仕上げられたものなのかというのが重要です。

面接ではポートフォリオの説明が必要です。
プレゼンをしなければならないこともよくあります。

ポートフォリオの流れに沿って、頭から順に説明していくのか、ポイントだけを絞って説明するのかは様々です。
重要になるのは、しっかりと道筋を立てたうえで説明できているのかどうかです。
このプレゼン方法を事前にある程度考えたうえでポートフォリオの構成を考えるようにしましょう。

才能、能力、そして個性といった要素が全て揃ったうえで最も発揮されるもの、それがポートフォリオの持つ情報伝達における能力です。
プレゼンできれば良いですが、ポートフォリオだけ郵送することもあると思います。
その場合にはポートフォリオが説明などなしに十分なプレゼン資料である必要があるのです。

このようにクリエイターにとって自分自身の実績、能力をアプローチするうえでポートフォリオは欠かせないものです。
写真集、画集、作品集、デジタル作品集など様々なものを、1つのポートフォリオとしてまとめたい、という場合にはできるだけ質の良いものを作りたいですよね。

ご自身のポートフォリオをより良いものにしたい、と思われるのであれば是非当店にご連絡ください。
きっとご納得いただけるポートフォリオ作りのサポートができると思います!

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る