» » 冊子のサイズを選ぶ時に押さえておくべきポイントは?

印刷・製本コラム

冊子のサイズを選ぶ時に押さえておくべきポイントは?

メジャー

製本方法は様々あります。
無線綴じ、中綴じ、上製本といったように製本の方法によって仕様も異なります。
各製本方法によって選択できる仕様が違うものなのか…
もしもそうなのであれば、各仕様を確認したうえで、製本方法を選択したほうが満足のいく冊子の作成を実現できるはずです。

そこで、無線綴じと上製本のそれぞれの仕様と、その仕様の違いについてしっかりと確認をしたうえで、希望に合った製本方法をピックアップしていきましょう。
そのうえでサイズを選ぶのがとても重要になります。

冊子の外観と製本方法


無線綴じは印刷をした用紙を束ねて糊をぬります。
そして表紙を貼り付ける最もスタンダードな製本方法になります。
強度が非常に高いので、ページ数の多い冊子に適しています。
文庫本、雑誌によく使用されます。

中綴じは4ページを2つ折りにして重ねます。
そして真ん中をホチキスでとめる製本方法になります。

上製本はハードカバーとも呼ばれるもので作りが丈夫です。
長期的な保存にも最適です。
表紙の素材としては、布、皮を仕様します。
高級感がありますので、外観のイメージを重要視している時にも最適です。


無線綴じで選べるサイズやページ数について


A4の縦と横、B5の縦と横でそれぞれサイズが異なります。
一般的に使用されている印刷物というのはA列とB列があり、B列のほうがA列と比較をすると大きく、B版の面積というのはA版の1.5倍程度の大きさになっています。

0判を半分にカットしていくにつれてB1、B2といったようにサイズは小さくなっていきます。

A列でも同じように、A1、A2といったように小さくなっていくのです。
短辺と長辺における比率ですが、1:√2の関係になっています。

全判はA1判、B1判とそれぞれのサイズに断裁余白を含めたサイズになっているのです。
また、A判、B判の髪にプラスしてA全判と比較しても一回りほど大きな菊全判、B全判よりひと回り大きな四六全判もあって書籍などの非常に幅広い用途において使用されているサイズになります。

A判は国際基準のもので、ドイツの物理学者によって提案されました。
そのドイツ工業院規格だったものを日本が採用して、今まで一般的に使用されることが多くなっています。
その一方でB判は江戸時代に使用されていた美濃判の寸法がもとになっている日本独自のサイズとなっています。

A列とB列のサイズ詳細


A列のサイズ
A1…縦594×横841mm
A2…縦420×横594mm
A3…縦297×横420mm
A4…縦210×横297mm
A5…縦148×横210mm
A6…縦105×横148mm.

B列のサイズ
B1…縦728×横1030mm
B2…縦515×横728mm
B3…縦364×横515mm
B4…縦257×横364mm
B5…縦182×横257mm
B6…縦128×横182mm


紙物

よく使用される印刷物とサイズ


名刺…91×55mm
ハガキ…100×148mm
A4チラシ・フライヤー…210×297mm
B4チラシ・フライヤー…257×364mm
選挙ポスター…300×420mm
A5仕上がり二つ折りチラシ…210×297mm(展開サイズ)
A4巻三つ折りリーフレット…210×297mm(展開サイズ)
A4仕上がり観音折り…834×297mm(展開サイズ)

詩集などを作る場合には148×210mmが最適です。
新書サイズであるA5サイズがぴったりです。

それでは、A4から新書などまで、どのようなサイズ、ページ数の冊子にするのが適しているのかをご紹介します。

A4の縦・横は報告書や論文集、レポートやマニュアルといったものに仕様されることが多いです。
A4の横向きは写真集などに仕様されることが多いです。

B5は週刊誌や雑誌、テキストに的しています。
B5の横は絵本などに多く使用されています。

A5は教科書やハンドバックに使用されます。
A5の横は写真集や絵本に使用されることが多いです。

新書や文庫サイズは、文庫本などに使用されます。
この縦、横というのは縦綴じは縦型と呼ばれ、横綴じは横型とも呼びます。


綴じ方とサイズ選びは間違いのないように


イメージしていたものと仕上がりが違う…
そのようなトラブルというのは珍しいことではありません。
小冊子印刷を行う上で印刷前のイメージと印刷後の仕上がりが大きく異なると、どうしても納得がいかなくなります。

サイズや綴じ方を十分に理解したうえで業者にイメージを伝えておかなければ、なかなか納得のいく仕上がりにはならないのでご注意ください。

また、サイズの変更や綴じ方を含む工程の変更などが何度も繰り返されることによって納期に間に合わせることができない、ということもあります。
納得のいく仕上がりにしようとするがあまりに納期に間に合わないとなれば大変です。

そのため、後々になってトラブルが起きないように、打ち合わせの段階でサイズをはじめ綴じ方や用紙選びなど細かい部分までしっかりと決めておくようにしましょう。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る