» » 冊子印刷時に原稿はどのように作ればいい?入稿のポイントは?

印刷・製本コラム

冊子印刷時に原稿はどのように作ればいい?入稿のポイントは?

手書き

冊子印刷をする時には、冊子にしたい原稿をまずは業者に提出する必要があります。
自分で印刷をする場合にも同じで、印刷前に原稿を作らなければなにもはじまりません。

パソコンでつくったテキストデータの原稿


テキストデータというのはパソコンのワード、テキストエディタなどを使用して作成した文章です。
このようなテキストを使用して作成した文章のデータになります。
このようなデータを業者が編集作業を行います。

ワープロソフトなどによって書式の設定を細かく行っている場合には原稿として受け取ることができない、という業者もあります。
そのため、事前にどのようなデータを原稿として受け取ってくれるのかを確認しておいてください。

書式を作ってから文章を作成することによって、仕上がった時のイメージもつかみやすくなります。
また、文章の中にちょっとした画像を取り込むこともできますので、そのような機能を使用して画像を入稿することももちろん可能です。

完全データ原稿の入稿


完全データ原稿というのは、入稿したものを業者が編集などは一切行わない原稿です。
データをそのまま使用して、編集作業なども全く行わずに印刷をします。
編集や校正の工程を省くことができますのでとても低予算で制作できるメリットがります。
使用できるソフトは一太郎やAdobeなどによって制作をされたデータ、もしくは印刷用に設定されているPDFになります。

手書きの原稿


手書きの原稿は、パソコンなどを使用するのではなく、紙媒体の原稿用紙に書き込んだ原稿になります。
書き終えている原稿に対しての訂正は、校正記号糖を使用して赤ペンで訂正を書き込むようにしてください。

ダイレクト原稿


ダイレクト原稿というのは自分のプリンターなどを使用して出力した原稿です。
この原稿を業者がスキャナー等を使用してデータ化し、印刷していきます。
コストを最小限に抑えることができ、なおかつ短期間で作成できます。
ただし、印刷における品質という点では、他の入稿方法と比較をすると質は下がってしまいます。

冊子の編集においては色々と細かい指定ができますが、そのような面倒な指示というのは基本的に業者にまかせて問題ありません。
また、このような冊子にしてほしい、という見本となる冊子があれば、その通りに作成することもできます。

パソコン操作

表紙デザインの重要性


冊子の表紙のデザインは、やはりとても重要なものです。
そのため、どのようなデザインにするのかというのは、業者に対してしっかりと伝えなければなりません。
そしてよりイメージを細かく、できるだけブレがないように指示しておく必要があります。

手書きで簡単にイラストにするなどした方がイメージを伝えやすいのであれば、それでもOKです。
また、専用のソフトを使用してデータにしたものの方がイメージを伝えやすいのであれば、データでも問題ありません。

写真や図など


写真原稿というのは通常の写真プリントでも良いですし、デジカメなどで撮影をした画像データを提出しても良いですよ。
イラスト原画でもスキャンできますし、画像データでもOKです。
ただし、解像度の低い画像データの場合には、きれいに印刷できないこともあるので注意してください。

本文にどのイラストをどこに挿入するのか、という情報は細かく指示しておくと、画像の挿入位置などが希望通りになります。
写真プリントに通し番号、またはトリミングの希望などを書き込むのであればトレーシングペーパーをかけるのがおすすめですよ。


印刷物の校正記号に注意


印刷物制作においては校正記号が欠かせません。
校正は印刷物を作成するうえで、絶対に欠かすことができません。
原稿を書く時には思いついたこと、考えていることを一気に文章にします。

そして校正はこの原稿作成時に発生している誤字、脱字などをチェックしていきます。
ある意味、原稿を作成する時よりも校正というのは重要なものです。
校正なしの原稿などは誤字脱字や、わかりにくい部分などもありスムーズに読めない、ということも少なくありません。

校正において注意すべきポイントは、やはり誤字脱字です。
てにをはの誤りなど基本的な部分を念入りにチェックしてください。

また、表記を統一するのも欠かせません。
例えば「じつは」「実は」のように、同じ言葉でありながら表記がことなるものは読みにくいものです。
その他にも、おくりがなや感じとかなの組み合わせ、数字の統一などもチェックしておいてください。

さらに、地名や人名などを記載している場合には、間違いがないかを入念にチェックしておいてください。
思わぬトラブルを引き起こす原因になってしまうことがあるので、特に注意が必要ですよ。

校正を行う際には、校正紙に対して赤や青のボールペンで書き込みます。
赤ペンを使用して校正を行うのが一般的です。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る