» » 同人誌を作る時に押さえておくべきポイントってなに?

印刷・製本コラム

同人誌を作る時に押さえておくべきポイントってなに?

創作活動

同人誌の作り方ですが、初めて同人誌を作る人というのは作り方によって戸惑ってしまうことも多いと思います。
どのようなものを用意するべきなのか、どのような流れになるのかというのをまずは確認していきましょう。

同人誌を作成するのであれば、原稿の形式や印刷依頼方法も必ず決めておかなければなりませんよね。
デジタルの原稿と、アナログの原稿どちらにするのかも決定しておくなど最初に決めておくべきことはたくさんあります。

そこで、まずは準備段階でどのようなことをしておくべきなのかをご紹介します。

原稿の形式はどうする?


原稿は、デジタル原稿とアナログ原稿とがあります。
デジタル原稿というのは、パソコンなどのデジタル機器を使用して原稿を作成していきます。 アナログ原稿というのは昔ながらのやり方で、紙とペンを使って手書きで原稿を作っていきます。
最近ではデジタル原稿を作成する人が増えていますし、印刷所によってはアナログ原稿をそもそも受け付けないということもあるくらいです。

げんこう

アナログ原稿を用いて制作をしているのであればアナログで印刷、製本できる業者をしっかりと探しておかなければなりません。
アナログ可能な印刷所を見つけられなければアナログ原稿をデジタル化できるようにしておくのも重要です。

印刷所を決めて、もしも予約ができる印刷所であれば予約をします。
予約をするといつまでに原稿を入れたら良いのかを伝えてもらえるので、その日に必ず間に合うように原稿を作成してください。

原稿を準備します。
原稿を作りますが、A5サイズで原稿を作成することが多いです。
印刷所によってどのサイズで作成するのかは少しずつ違いがありますので、事前に印刷所に必ず確認をして決められたサイズで原稿を作っていきます。

印刷通販型を選択するのであれば、印刷所に依頼をして、注文をした日に入稿をします。
原稿が完成したらすぐに注文を依頼してください。

いよいよ、製本された作品を受け取ります。
本を送ってもらうのは自宅でも良いですし、同人誌を販売するイベント会場でも問題はありません。
直接会場に作品を送ってもらうことで運ぶ手間が省けます。
作品の部数が多ければ運ぶのも大変ですので、直接届けてもらうというのも良いですね。

同人誌作成時の注意点


同人誌を作成する時には、印刷所のルールを必ず確認しておく必要があります。
印刷所であれば、どんな原稿でも受け付けてもらえるだろうと思いがちですが、実はそうではありません。
印刷所によって受け付けてもらえるサイズ、色なども決まっていますので、どこの印刷所に依頼するのかを決めたらルールに則って原稿を作成してみてください。

特に、アナログで制作をする場合にはアナログでも受付可能かの確認は絶対に必要です。
せっかく作った作品が台無しになってしまわないように、必ず印刷所の形式は確認をしておいてくださいね。


同人誌作りでよくあるミス


同人誌を作成するうえで、初めて同人誌作成をした人がついついしてしまいがちな失敗というものがあります。
例えば、奥付をつけるのを忘れるというものです。

同人誌というのは、本の最後の部分に奥付をつけておくべきなのですが、それを忘れてしまうということです。
奥付はその本を誰が作ったのかを表すためのものなのですが、作品が完成するとつい安心してそれを忘れてしまいがちになるのです。

同人誌というのは著作権問題もありますので、誰が誰の責任でその同人誌を作ったのかを明確にして、しっかりと責任を持って同人活動をしているということを前面に出さなければなりません。

イベントにもよりますが、中には奥付がない同人誌の販売をそもそも禁止していることもあります。

また、ページ番号の振り忘れというのもよくあります。
ページ番号をすべてのページに入れておくとページ数が前後したりといったトラブルを防ぐことにも繋がります。

解像度の調整も重要です。
モノクロ、カラーどちらにしてもデータというのは解像度が関係しています。
解像度が低いと完成した同人誌も絵がにじんだような見た目になってしまい、なかなか見づらい作品になってしまいます。

しかし、解像度が高すぎたとしてもそれはデータ容量が大きすぎるので印刷できないということもありますので、印刷所がどのくらいの解像度を推奨しているのかも確認をしておく必要があります。

解像度も含め、印刷を発注する場合には印刷所のルールに必ず従うようにいてください。

原稿を作る前の段階で、どの印刷所に依頼をするのかを明確にして、その印刷所のルールに従って印刷をするようにしてくださいね。

製本を依頼した場合、一度動き出したことは途中で変更したり締切日を延ばすといったこともなかなか難しいですので、発注をする前にできるだけ細かい部分まで決めておくようにしてください。

とにかく作品を作りたい!という気持ちばかりが先走ってしまうと、印刷の段階になって色々なトラブルが起きてしまうという可能性もありますのでご注意ください。

最新記事


冊子印刷ドットコムに電話で相談する

お問い合わせフォーム


© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る