» » 印刷すればチラシも冊子もなんでも作れる

印刷・製本コラム

印刷すればチラシも冊子もなんでも作れる

チラシ

冊子のデザインには色々なものがあります。
どのような目的で作成する冊子なのかによっても、冊子のデザインは変わってきます。


チラシ フライヤー印刷


定番とされるチラシ、リーフレット、さらにフライヤー印刷はとても多く用いられるデザインです。
チラシ、広告、イベント紹介にメニュー、商品カタログといったものに幅広く利用できるのです。

印刷業者によっても違いがありますが、チラシ印刷においてはサイズや用紙、オプションなど様々取り揃えられています。
2つ折りパンフレットなどを作ることもできます。
10部から100部などの少部数のチラシを作成する場合には、オンデマンド印刷を利用すると、費用を抑えつつスピーディに作成できます。

ポスティングチラシ


ポスティングチラシというのは、特定の地域のチラシを配布してターゲットに対してより効率よくチラシを見てもらうためのものです。
新規顧客の開拓、開店案内などの訴求力を強くすることができます。
地域密着のサービス、店舗の新装開店、さらにリニューアルオープンの案内にポスティングチラシはぴったりです。


新装開店の告知チラシ


新装開店告知チラシというのは、店舗の新装開店やリニューアルオープンの案内に適しています。
ポスティングや路上におけるチラシ配布で来店を促せます。
クーポンなどをつけることで、2次利用、3次利用へとつなげることができます。


イベント案内のチラシ


イベント案内チラシは学園祭やスーパーの特売日などイベントの案内において使用します。
安価であり、なおかつ大量に作成しても費用を抑えることができます。
集客ということを考えると、コストパフォーマンス、注目度ということを考えると最適です。


挟み込み冊子印刷


挟み込み冊子印刷というのは、PTA会報や会社の広報誌などに使用されることが多いタイプです。
折パンフレットにチラシなどを挟み込んだ冊子のことを指します。
表紙と中に綴じる紙質は選ぶことができ、挟み込む用紙の枚数についても3枚まで選べます。

商品パンフレットに対して新製品やセールのお知らせ、発注書なども挟み込むことができます。


折りパンフレット印刷


印刷物を用途に合わせて折り合わせることで、サイズを小さくすることもできますし、ページによって情報をまとめやすくなります。
説明書や学校案内、社内報などにおいて使用することができます。


A6サイズからA3サイズで折り方は自由に選ぶことができます。
センター折りや三つ折りをはじめ様々なパターンを選択できます。
どのように読みたいのか、どのように使用するのかを考慮したうえでパンフレット作成できます。


ビジネス資料印刷


ビジネス資料はビジネスを成功させるためには欠かすことができないものです。
宣伝を行う時や、会議の際、情報をチェックしておきたい時などに使用します。
しかし、情報が載っているビジネス資料というのは使いみちが多いですので、数が必要になります。

ビジネス資料は複数容易するとなった場合、印刷をするのが大変になりますし、専用の道具なども必要になります。
そのため、コスト面を考えると、どのようにするべきか悩む人も多いです。
そのような場合には印刷業者に依頼をするのが良いかもしれません。


ファイル

ファイル フォルダ印刷


ファイルやフォルダとはいっても色々な種類のものがあります。
ポケットファイル、カバーフォルダー、パンフレットフォルダー、紙製ファイル、ポケット付パンフレットなど色々なものがあります。

紙製のポケットフォルダに中綴じ冊子を取り付けることでブックレットにして使用することもできます。
A4サイズのポケットフォルダーだけでなく、コンパクトサイズA5サイズのポケットフォルダーなど様々なサイズのフォルダを使用できます。
ポストカードにしたり、トレーディングカードなどに利用できます。

クリアファイルは書類を挟んで保管したり、保護する働きをします。
クリアフォルダーは書類を挟んでからレールで固定し、冊子化することもできます。

クリアブックというのは、透明のポケットの上の部分から書類を挿入して保管するタイプのものを指します。
冊子形式になっていますので、とても見た目もすっきりと整理することができますよ。


オリジナルノートの印刷


オリジナルノートは、様々な用途において活用されます。
企業のノベルティはもちろん、個人向けのものまで、活用できます。

短期間で規模の小さなイベントにおいてオリジナルノートを使用することもできます。
また、連絡帳や学習塾のオリジナルノートを使用して他の塾と差別化をはかることも可能です。

このようなオリジナルノートというのは様々な場面で活用できますので、このタイプの冊子は良く使用されます。



印刷をして作れるものには色々とあります。
チラシから冊子、ファイルやフォルダー印刷まで行うことができますが、印刷する数によってはかなりの手間がかかります。
そのため、作る冊子の数があまりにも多い場合や、自分で作ることができないものの場合には、印刷業者に依頼をして印刷してもらうというのもおすすめですよ。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る