» » 絵日記は大人も楽しい!絵日記を中綴じで作って思い出の品にしてみる!

印刷・製本コラム

絵日記は大人も楽しい!絵日記を中綴じで作って思い出の品にしてみる!

絵日記

夏休みはもちろん冬休みなどの宿題で一度は経験したことがあるのが絵日記だと思います。
この絵日記の宿題が休みの最終日になっても終わっていなくて大慌てで日記を書いたという思い出が私にもあります。

休みの間にやらなければならない宿題はたくさんありますがその中でも絵日記というのは特別なイベントなどがあるのなら書きやすいものの特に大きなイベントがないのであれば書くことがなくて困ってしまうと思います。

この子供の宿題というイメージの強い絵日記ですが実は大人になって絵日記を書いている人も少なくないようです。
絵日記を書くことによって文章を組み立てる力を身につけることができますし自分の考えや思っていることを表現する力も必要になります。
また記憶を整理する記憶力も向上しますので子供はもちろんですし高齢の方で認知症予防のために絵日記を書いている人もいます。




絵日記は書く日をき決めて書く


絵日記を書いてみたいと思っているものの続けられるか不安に思っている方も多いと思います。 絵日記は必ず毎日書かなければならないのかと言えばそうではありません。
絵日記を書く日を決めて最初は初めてみてはどうでしょうか。

例えば大好きなイベントがある日や記念日がある日など事前に予定が分かっているのであればその日に絵日記を書くと決めておくようにすると書くことに困りませんし何より絵日記をとても簡単に書くことができます。

また、子供が絵日記を書くときはもちろんですが大人になってからも頭の中で日記を書く日のことを思い出しながら書くというのが難しいことが多いです。

絵が苦手な人にとっては記憶だけを頼りに日記を書くのはとても難しいですので絵日記に書く内容は必ず写真に撮っておくようにしてください。
スマートフォンでもいいですしデジタルカメラなどを使っても良いのでとにかく何か思い出深い一枚を写真に収めておくことで絵日記はとても簡単に書けるようになります。

絵

絵日記は絵から?文から?


絵日記を書くときに誰もが一度は迷うことがあると思います。
それは絵から書き始めた方がいいのかそれとも文章から書き始めて良い方がいいのかです。

絵が苦手な人もいれば文章を書くのが苦手な人もいるのでどちらから書き始めても良いのですがどちらも苦手なのであれば絵を先に書くようにしてください。

絵を描くことによってその後に書く文章をどのような構成にするのかイメージがわきやすいですし絵を書いていく中でその時の自分の気持ちなども呼び起こされやすくなります。

絵はなにを使って書いても良いのですが、色鉛筆やクレヨン、絵の具などは準備しておくようにしてください。

何を使って絵を描くのかによって仕上がりは全く違ってきますが、一番重要になるのは自分が一番扱いやすいのはどれなのかを把握しておくことです。

また色々な画材を使って絵を描くことでより面白みのある絵日記に仕上げることができます。
絵が苦手なのであれば、無理をして複雑な絵を書こうとせずにまずは簡単な絵から書くようにしてください。

例えば暑い夏の日にソフトクリームを食べたことを絵日記にしようと思うのであれば、ソフトクリームを食べている美味しそうな笑顔をした自分を書くのではなく、ソフトクリームと真っ赤な太陽を書くといたように出来る限りシンプルな絵にすると書いていて楽しめます。

また絵を描くときには一つの場面だけを書くようにしてください。

良い思い出であればそれだけ書きたいこともたくさんあるかもしれませんが、色々な情報をお一つの絵にまとめようとするといったい何を書きたいのかどのような思い出なのかということがわかりにくくなってしまいます。

そのため、楽しい思い出の中でも特に印象深い一場面を切り抜いて演技していくようにしましょう。


文章を書くのが苦手な方は最初から上手な文章を書こうとせずにまずはキーワードを抜き取っていくようにしてください。

海に入ったことを絵日記に書きたいと思っているのであれば、暑い、海、砂浜、ビーチボール、波といったようにいくつかキーワードをピックアップしておくと、文章をわかりやすく書くことができますし、思い出深いキーワードをピックアップすると途中で文章を書く手が止まりにくくなりますよ。

このように絵日記を書くというのは難しそうに感じるかもしれませんがポイントを押さえておくだけでとても簡単に書くことができますし一度かけ始めるととても楽しくなります。


絵日記を変えたら後は中綴じなどで製本してみると、自分が書いた絵日記が毎年増えていくので、とても楽しくなりますし、いつまでも大切に保管したくなる思い出の品になっていきますよ。


絵日記は決して毎日続けなければならないものではありませんし、書きたいことがあるとき、気分が良いとき、といったように気軽に書いて良いものですので、思い出深い出来事をイラストと文章で残してみたい方は気軽に初めてみてはどうでしょうか。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る