» » 写真集やフォトブックを作るなら手づくり?中綴じだと仕上がりは?

印刷・製本コラム

写真集やフォトブックを作るなら手づくり?中綴じだと仕上がりは?

2021033102.jpg

これまでに撮影した写真がたくさんあり、それをフォトブックにしようと思っているけれどどのようにすれば良いのか分からないという方も多いと思います。手作りの写真集やフォトブックといったものを自分で作ってみたいという方も少なくないと思いますが、フォトブックを作るのはちょっとしたコツが必要です。

フォトブックを作る時には製本方法はそこまで重要な問題ではなく、何よりも重要になるのはどれだけしっかりと準備段階で必要なものを揃えることができて順序よく作ることができるのかです。

どれだけ製本方法が完璧でもどのような写真をフォトブックにしたいのか、どのような順番に並べていきたいのかというのを把握していなければ良いフォトブックを作るのが難しくなってしまいます。

写真集を作る方法は?



写真集の制作は難しいというイメージをお持ちの方も多いと思いますが実はそこまで難しくはなく大きく分けると3つの方法で写真集を作ることができます。

まずフォトブックを制作してくれるサービスを利用するということです。
フォトブックの制作サービスはとても充実していますので一から作るのが困難だという場合には利用するというのが安心です。

次に手作りですが手作りの場合には手間も時間もかかります。その一方で自分で写真を編集したり加工したり完全にオリジナルな方法で製作できますのでより愛着のある写真集を制作できます。ただし、大量に制作するとなると難しいでしょう。

そして自費出版という方法もあります。
写真集を複数作りたいと思っているのであればまるで書店に販売されているような高いクオリティで仕上げてもらうことができますし写真を編集したり写真集そのもののデザインについても凝ったものに仕上げられます。

写真集の上手な作り方



20210331.jpg

写真集をできるだけ綺麗に納得のいく仕上がりにしたいと思うのであれば事前にポイントを押さえておく必要があります。

例えばまず写真を選んである程度まとめるというのが重要です。
写真集を制作する時にはどの写真を絶対に入れたいのかを決めておくようにしてください。
スマートフォンの写真やタブレットの写真を写真集にしたいのであれば写真集に入れたい画像フォルダなどにして分類しておくと後々になって困らなくて済みます。

また写真集に入れる写真をある程度まとめたらできるだけ写真の雰囲気が似ているものをさらに選んでいきます。
そして写真は出来るだけ多く入れたいと思いがちですのでついつい小さな写真を1つのページにたくさん入れてしまいごちゃごちゃとした印象になります。
小さな写真がたくさんあると見にくくなってしまいますので、数ページに1つは大きなレイアウトで大胆に写真を入れてみてください。
それだけでも、見た目の印象がとても大きく違ってきます。

どんなものが必要なの?


2021033103.jpg

手作りのフォトブックを制作する上で必要な物はいくつかありますので必要最低限のものだけをピックアップしていきます。

パソコンは必要になります。
そしてそのパソコンの中に写真編集に使用するソフトが入っているのが理想的です。

印刷だけ業者に依頼をするという方法もありますがすべてプリントまで自分で行いたいのであればプリンターも必須です。


オーダーしたフォトブックとどんな違いがあるの?


手作りのフォトブックにするのかオーダーのフォトブックにするのか迷っている方にとってやはり気になるのはオーダーのフォトブックとの違いだと思います。

オーダーするとコストがかかると思われるかもしれませんが、確かに少部数でのオーダーとなるとコストは高くなりますが複数作るのであれば手作りの方がコストがかかる場合が多いです。

さらに手作りの場合には全てを同じクオリティで制作するというのがとても難しくどうしてもよくできたものもあれば悪くできてしまうものもあります。
何より数多く作ろうと思えば作ろうと思うほど手間がかかりますし時間もかかってしまいます。
さらに時間をかけて一生懸命に作ったにも関わらず手作りの場合にはどうしても色褪せやすかったりページが抜け落ちてしまうと言ったようにフォトブックそのものの耐久性や強度が低くなります。
手づくりで中綴じのフォトブックを作る場合には、手軽ですがどうしても耐久性は低くなります。
やはり一度に大量に発注を受けて製本をする専門業者の方が時間もコストもそして一冊一冊のクオリティも手づくりよりよくなります。

また手作りのフォトブックとオーダーのフォトブックとの中間のような方法もあります。
データを自分で作成して小規模な印刷会社に印刷を依頼するという方法になります。正しいこの方法の場合にはフォトブックにおいて極めて重要な写真の色味などについては多少妥協しなければならない部分も出てきます。

手づくりでフォトブックを作るのか、それとも業者に依頼するのか、というのは悩みどころだと思いますが、少しでもきれいに仕上げたい、少しでも長持ちさせたいと思うのであれば、やはり専門業者に依頼するというのが確実ですし安心です。

大切な写真を1冊の本にまとめるのですから、妥協するところと妥協しないところの線引がとても重要になります。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る