» » チラシはおしゃれにすると訴求力も格段にアップ!

印刷・製本コラム

チラシはおしゃれにすると訴求力も格段にアップ!

チラシ

チラシというのはシンプルなものでも良いですが、他のチラシと差別化し、訴求力をアップさせるためにも、おしゃれなデザインのチラシを作ってみてはどうでしょうか。
では、おしゃれなチラシのデザインというのは具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。


チラシデザインを作るポイントは?



チラシデザインを作る時に、まず押さえておきたいポイントはきれいで、目を引く写真を背景に使用するということです。
おしゃれなチラシをデザインする時には、手の込んでいるものよりもじつはきれいでついつい引き込まれてしまうような写真を背景にする、というのがおすすめです。

きれいな写真を背景にして、そこに文字をのせてみてください。
写真があまりにも明るいもの、派手なものだと文字が目立たなくなりますので、できるだけ暗めのものを選んでください。

文字は白にすると浮き出るような印象になります。 ふりぺ

スケッチ風の背景にしてみる



実際にスケッチをしてそれを背景にするのも良いですが、スケッチ風の画像を使用してみるのもおすすめです。
スケッチというのは、写真にはない柔らかい雰囲気をつくることができます。


文字の大きさを大きくしてみる



文字の大きさはできるだけ大きめにしましょう。
フォントサイズを最大にしておくことで、特別なデザインがなくても文字自体がデザインの一部になってくれます。
行ごとにサイズを変えるなどするとさらにインパクトが強くなります。


派手すぎるくらいにカラフルに



背景は思い切って派手すぎるくらいにカラフルにしてみてください。
背景をカラフルにして、少し目がチカチカしてしまうくらいにして、文字を白にしてください。

カラフルな背景に白い文字をのせると、文字がぐっと浮き上がってきます。
また、文字を白にする時には背景に淡い色は使用しないようにしてください。
淡い色の背景にしたなら、文字は黒くしてください。


フォントにこだわってみる



背景の色やデザインだけでなくフォントにこだわってみましょう。
メインとなる文字にちょっとユニークなフォントを使ってみてください。

ただ、どれだけユニークなフォントであっても、背景との相性が悪ければ逆効果ですので、注意してください。


優しい印象のフォントを使う



フォントはたくさんの種類がありますが、その中でも多くの人が目を惹かれるのが手書き風です。
まるでペンで手書きをしたようなフォントを使用することで、ほっとするような印象にすることができます。


数字を大きく使ってみる



数字というのは、とてもインパクトのあるものです。
目に最初に飛び込んでくる情報でもありますので、この数字を大きく使いましょう。

数字を思い切って大きくすることで、チラシのインパクトも大きくなります。
例えば、イベントのチラシなら日にちを大きくしてみてください。


テクスチャをうまく利用してみる



背景にテクスチャを使うと、とてもコミカルでユニークな印象になります。
例えば、くしゃくしゃにした紙のようなテクスチャを使用すると、その上においた黒く太い文字がより際立ってみえるようになります。

テクスチャというのはフリー素材でたくさんダウンロードできますので、一度チェックしてみてはどうでしょうか。
おしゃれなデザイン素材を使いたい時などには、デザイン素材を使うのも有効です。

無料であってもとてもクオリティの高いイラスト、アイコンなどの素材がダウンロードできるのでとっても便利です。


プロにイラストを依頼してみる



イラストを背景にするととてもおしゃれなチラシになります。
ただ、イラストというのは誰でも簡単に描けるものではありません。

どうしてもイラストを使いたいと思い、自分で頑張って描いても、クオリティが低ければ意味がありません。
むしろチラシ全体のクオリティが著しく低下してしまうこともありますので、思い切ってイラストレーターに依頼してみるのも良いかもしれませんね。


あえて余白を利用してみる



余白はただの「無」ではありません。
余白の使い方によってチラシの印象を良くすることができます。

例えば、夏のイベントのチラシには余白をあえて多くとって、少ない文字数にしてみてください。
また、春などには文字間を少し広くとることで、春風をイメージさせるような、ゆったりとした雰囲気を演出できます。

チラシをデザインする時には、このように色々な方法があります。
また、Photoshopやillustratorなどのソフトをお持ちであれば、更にクオリティの高いチラシをデザインできます。

もちろん、このような有料のツールではなく、最近では無料ツールでもかなりクオリティの高いデザインを実現できます。
チラシを本格的に作りたい、今よりも少しでもクオリティの高いものを作りたいと思うのであれば、デザインにこだわってみてください。

デザインにこだわるだけでも、チラシの訴求力は大きく変わってきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る