» » 料金表をつくるなら分かりやすく魅力的なものを

印刷・製本コラム

料金表をつくるなら分かりやすく魅力的なものを

グラフ

料金表というのは、飲食店はもちろん、あらゆる場面で使用されるものです。
この料金表に期待できる重要な役割というのはどのようなものなのでしょうか。
料金表は、値段とサービスメニューなどが記載されているだけのものではありません。

料金表に求められるのは、自分が求めている商品やサービスの値段がどのくらいなのかを予想できるかどうかです。
サービスというのは大半の人にとっては専門的な知識を持っていないものです。
そのため、料金相場を理解していないというのが大半です。

人は、値段がわからない状態で依頼をしたり問い合わせするということに不安を感じるものです。
料金やサービスの詳しい内容はお問い合わせください!
などと書かれていることがありますが、これではなかなか勇気が出ないものです。
だからこそ、料金表を見たうえで、大体の値段の目星がつけられるということが重要なのです。
大体の値段が把握できる、理想的な料金表の作り方をご紹介します。

プランごとにまとめてみる


まず、サービスの内容がバラバラになっている状態というのは、見た目も良くありませんし、なによりメニューを読んでもその内容をしっかりと把握できません。
自分にとってなにが必要なのかをすぐに判断できないというのは、やはりメニューとしては良いものであるとはいえません。

大前提としてお客様は、自分になにが必要なのか、どのようなサービスが必要なのかを知りたがっています。
そのため、必要なサービスをしっかりと1つのプランとしてまとめることで、より購買意欲が高まります。

また、同時にプラン名を分かりやすくするというのも重要です。
例えば松竹梅といったように、階層別にプランを並べると値段、ランクなどもはっきりと分かります。

また、人間というのはランクの中間に位置するものに対して申し込みしたくなります。
普通、スタンダード、中、といったようなものは申込数が増えやすくなります。

また、おまかせぷらんなどのネーミングもおすすめです。
自分で選んだり決断したりしなくても良いので、おまかせという言葉に弱いものです。

数字

できるだけ複数のプランを準備しておく


メニューを作る時には、2つ以上のプランを準備しておくと安心してメニューを選ぶことができます。
プランが1つしかないと、選ぶのか選ばないのかという2つの選択をすることになります。
しかし、2つ以上のプランがあると選ぶのか選ばないのかではなく、どれを選ぶのかということになります。
つまり、そこにある選択肢の中から選んでもらいやすくなります。


参考料金を記載するのもおすすめです。
例えば、固定価格がまだ決まっておらず、見積もりを基本とした金額設定になることもあります。
そのような時に問い合わせを促すようなメッセージを記載するのではいけません。
というのも、前述したように問い合わせを促したとしても、不安を感じやすいために結局問い合わせもなく、商品を選んでもらえないということにもなるのです。

だからこそ、問い合わせを促すのではなく、参考料金が記載されているのがわかりやすいです。
このような参考料金が載っていると、その料金を基準に考えることができます。
自分がこの参考料金に該当するから、料金もどそのくらいになるだろうという判断材料の1つになります。
問い合わせをせずとも、ある程度のことを把握できるようになるのです。
最終的に、問い合わせが増えたわけでもないので、集客力が飛躍的にアップするのです。

もちろん、参考料金を記載するのであれば、か会っくの妥当性をしっかりと明記するというのも重要です。
ライバル企業、ライバル店よりもコストが高いのであれば、そこでおすすめなのがその価格の妥当性をはっきりと書いておくというのが重要になるのです。

例えば、他の飲食店よりも料金の高い飲食店なのであれば、その妥当性をはっきりと書きます。

・最上級の和牛を使用している
・最高品質のあごだしを使用している

このような内容を記載しておくことが重要です。
どうして高額なのかをはっきりと明記することによって、高品質な食材、味を求めて優良な顧客が増えるようになります。

そしてなにより、こだわり抜いたサービスであるということを伝えることができます。
このようなポイントを押さえたうえで、料金表を作成することによって、自分のお店や会社がどのようなサービスをどのような料金で提供しているのかを効率よく伝えられます。

弊社では、お客様に配布をしたり、営業において携帯して使用する料金表の作成をさせていただきます。
仕様ももちろん様々であり、お客様に配付する時には商品のいち部分をカラー写真にしたり、表紙をカラーにするなどといった加工もできます。

弊社では料金表を作成する時には、中綴じや無線綴じのものをおすすめしております。
お客様が理想とされている料金表を制作するうえでサポートさせていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。

最新記事

© 株式会社春日 All rights reserved.

このページのトップへ戻る